コマンド入力が超簡単な割に滅法強いオアーバイソンの実態

ファイナルターンパンチの威力は絶大

おっす、ゴミバコだ。

前回までで本田戦におけるダイヤグラム検証・攻略も一通りは終了し、今回からはスト2四天王キャラ編に突入し、進めていくんでよろしくなぁ~。

本田でスト2四天王に挑むなんて無駄無駄無駄~!!

う~む・・・

確かに本田でスト2におけるボスラッシュに挑むこと自体、無謀なことではあるがやるしかね~。

てなわけで、四天王編に突入していくわけだが、まず先陣を切るキャラはオアーバイソンだぁ。

自分でもワロタ

すまないw真面目に真面目にいこうw

バイソンと言えばバッファロー、全ての必殺技が相手をぶっ飛ばすレベルの強さにあり、その代名詞と言えるものが「オアー、オアー、オアー」である。

オア~とバッファローのごとく甲高い雄たけびをあげながら突進~!!

そして驚異的なのは、こう言った攻撃を繰り出している最中でもパンチボタン3つあるいはキックボタン3つを同時押しで溜めることでターンパンチファイナルまで溜める事ができるので「真に強いキャラ」の一言に尽きる。

最終奥義ファイナルターンパンチがHITした日にゃあ、まさに事故としか言いようがない。

ファイナルターンパンチ事件w

さらに、このキャラのヤバイところはバイソンのコマンド入力は非常に簡単で「下に溜めるか、後ろに溜めるか」、たったのそれだけでなので、しゃがみ中パンチで牽制しつつ必殺技を繰り出す事ができる。

そんなバイソンと本田、両者のダイヤグラムはと言うと

本田 vs バイソン(4.5 : 5.5)

ほほ~う・・・四天王とは名ばかりでほぼほぼ互角じゃないか。

それでは行ってみよう♪

本田・バイソン戦におけるダイヤグラム検証・攻略に。

両者激しい肉弾戦の攻防、最後に立ち上がるのは本田かバイソンか?

まず最初にお伝えしておきたいのは、この両者は真正面からぶつかり合う展開は避けられないので、激しい火花を散らした肉弾戦となる。

両者共に飛び道具は無いので本田は百裂張り手・スーパー頭突き、バイソンはバッファローヘッドバッド・ダッシュストレートを炸裂させ突進していくわけだ。

くらえ本田~!!

これがバッファローにちなんで名付けられた突進技じゃ~!!

 

なんの~

相撲にも頭突きがあるんじゃい~

ドスコ~イ!!

 

まさに両者5分!!(※ダッシュストレートと頭突きは頭突きに分があるがヘッドバッドでほぼ対等な状態)

実は、この両者の戦いはこれだけでほぼほぼ決まる。

これらの必殺技がHITする事で初めて活路を見いだすことができるのだっ!!

本田であれば百裂張り手を起点とした裏技として・・・

【密着状態からの一発目の張り手HIT後に大銀杏投げ】

 

これはすさまじい裏技とも言える攻略テクニックだが、中パンチの百裂張り手で突進し、あえて連射を1HIT目で止め、そこから大銀杏投げにもっていくと言った荒業だ。

また、次のようにバイソンのダウン時にあえて百貫落としを後頭部めがけて落下させ、めくり効果をねらいつつ、バッファローヘッドバッドの発動を抑え込むテクニックもある。

 

オゥ~ノ~~~!!

これは、バイソンにとって本当につらい、ガードしたつもりが自ら本田の落下地点めがけて歩いて行く始末w

前・後ろの判断がつかない。

本田の立ち回りとしてはこれらの技を駆使して行くのがベストであり、というかこれしかないっ!!

立ち小パンで牽制し、クレイジーバッファローで勝負を決定付けろ!!

お次は、バイソンの出番だが・・・

やはり何といっても、まず最初の難関となってくるのが本田のスーパー頭突きと百裂張り手となる。

てなわけで、こいつを食い止めるしかないわけだが、これには秘策がある。

 

立ち小パン連打じゃい~!!

そして、間髪入れず跳ね返りにグランドダッシュストレートでダウンを狙いに行くか、ターンパンチで削り確定場面を逃さず狙って行こう!!

なんだか、本田が攻めればバイソンが攻め、繰り返しどつき合う状態になるわけで・・・

ウッコイ!!(本田)オアー(バイソン)➡ ウッコイ!!(本田)オアー(バイソン)

まさに餅つきだなw

本当に均衡のとれた素晴らしい終始両者、白熱したバトルとなるわけだが、いずれは決着がつく事になる。

ダイヤグラムから見ると、バイソンが有利となっているわけだが、「何か」がバイソンに有利に働くからこそ、本田 vs バイソン (4.5 : 5.5)に結びつく結果となるのだ。

その何かとは、もうおわかりだと思うが・・・そう。

 

オアーオアーオアーオアーと猛突進するクレイジーバッファローの存在だぁ~。

こいつはスーパーコンボゲージが溜まるといつ飛んでくるかわからない。

クレイジーバッファローは必殺技コマンドも容易でなんとなく春麗の千裂脚コマンドよりも出しやすい感じがしてならない。

ある程度の距離があっても最初のストレートの先端がHITすれば吸い込むように全弾HITするので本田側としては百裂張り手も打てず、本当にたちが悪い。

このクレイジーバッファローを除けば、本田とバイソンは互角だったものを、両者のスーパーコンボ性能差に大きな優越が生じたことから、バイソン若干有利となったのだ。

まとめ

いかがだったかな?

バイソンと本田の真っ向勝負!!

改めてこの両者の戦いを振り返ると、スト2魂を奮い立たせられる、そんなダイヤグラム検証・攻略となったのではないだろうか?

しっかし・・・改めてバイソンの強さをまじまじと感じさせられたぜ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホンダ攻略
スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

 

 

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント