指先確認ヨシッ!!無敵の指先に全神経を集中させろ!!

T・ホーク攻略

ポオッ!!

スト2ファンのみんな~こんにちアポゥ!!

約一週間ぶりのT・ホーク攻略だぁポウッ!!

 

さぁ~てそれでは週末、日曜の朝、サンデーモーニングと洒落込もうジャマイカ。

おっと、少しおやじギャグが過ぎたかな。

それでは今回の注目ポイントに入っていこう。

 

今回の注目すべきポイントは「鋼鉄の指先」とも言われるT・ホーク無敵の立ち小パン性能」についてだ。

過去にメキシカンタイフーンだのダブルタイフーンだの熱きバトル風景をダイヤグラム編でお伝えしたが、それらの技の発動原点とも言えるホークの真骨頂、無敵の立ち小パンチ。

 

敵のリバーサル攻撃をもろともせず全てを無と化す立ち小パンチの驚異。

君はもうすでにそのフィールド、T・ホークフィールドの領域に入り込んでいるのだぁ~。

 

これが無敵立ち小パンチの実態だ!!

それではさっそく立ち小パンチの解説に入っていこう。

立ち小パンチ、それはストリートファイターⅡにおいて見た目は地味なれど最もシャープで技の出が早く、敵が攻撃して来た際の切り返し技として重宝される通常技の一つだ。

 

初代ストリートファイターⅡにおいてはこの小パンチの威力は凄まじく特にガイルの立ち小パンチにおいては小パンチボタンを連打するだけで相手をピヨらせたほどの威力があった。(※リュウ・ケンのしゃがみ小パンチも凄まじかったw)

 

ダダダダダッ!!

ピヨった!!ピヨったぁ~!!

 

 

さすがにやり過ぎ感があったのか後に自重されることとなってしまったがそれでもストⅡ´ターボあたりまではかなり使えたものだ。

 

時は流れ、小パンチ自体の機能性が低下して行きしゃがみ小パンチからの当て投げなどがメインとされてきたわけだが・・・

スーパーストⅡから登場したT・ホークの存在によってその存在は凄まじさを巻き返す事となった。

 

リバーサルも兼ね備えた立ち小パンチの存在だ!!

 

 

そしてなんと・なんと!?

実はこの立ち小パンチにおけるホークの指先は相手の起き上がりに重ねることで完全無敵状態にあることが発覚したのだ。

 

これを利用すれば相手のリバーサルを受けることもなく無敵の立ち小パンチで重ね、そのまま「ヌ~ン」と一回転!!

 

さらにさらに!?

 

この立ち小パンチで指の先端が無敵という事はリスク無くして相手の動きを固め、そのまま歩いてメキシカンタイフーンへと繋ぐことに成功したのだ。

 

これがあの有名な「歩きタイフーン」とまで言われようになった。

それではこの立ち小パンチ、一体どこまでが無敵部分があるのか見て行こうではないか。

 

立ち小パンチの無敵部分は指の先端と言うがはたして?

どこまでが無敵なのかと言われても自分はT・ホークではないので指の感覚まではわからない。

 

というわけで色々、考えてみたがやはりここはメキシカンタイフーンを決める前の当て小パンチの距離から無敵ポイントを探って行こうと思う。

 

てなわけでまずはいつもの立ち小パン歩きタイフーンから。

フーン・・・なるほどなるほど。

 

 

 

たしかに指先、ちょうど指の第一関節辺りまでが無敵状態だな。

ではこれならどうか?

 

 

 

あっ~!!

指が届かない~

届かないではぬわいかぁ~!!

 

しかも届かない位置だと立ち小パンチではなく変なチョップが出とるw

そう、これでもうおわかりだろう。

 

立ち小パンチにおける指先の無敵ポイントは指先が相手に触れる限界までが無敵状態と化すのだぁ~。

要は相手に触れる事の出来る限界までが無敵となる。

 

しかし、それも指先第一関節辺りまで。

それ以上、間合いを詰めると昇竜拳などリバーサル必殺技の格好の的となってしまうことをお忘れなく~!

 

T・ホーク立ち小パンチにおける無敵ポイントまとめ

いやぁ~驚き桃の木~山椒の木~。

あのベールに隠された立ち小パンチの無敵ポイントがこうもあっさりと解明されるとは・・・。

 

立ち小パンチの無敵ポイントはホークの指先第一関節から先の部分、かつ相手に触れることが出来る部分が今回の全ての解答となる。

 

まずは指先に全神経を集中させ相手に触れる事。

メキシカンタイフーンへの軌跡はそこから始まると言っても過言ではない。

 

ミスのない間合い管理、相手へのHIT箇所、そして小パンチ発動から0.5秒で繰り出されるマッハ突きを完全にマスターしてこそ真の立ち小パンチが完成するのだ。

 

それでは今回はこの辺りでサラダバーポウッ!!

 

コメント

熱きコメントありがと~

スポンサーリンク

Ads by 忍者AdMax

スポンサーリンク

Ads by 忍者AdMax