キャミィ戦におけるダイヤグラム検証・攻略総集編

スパイラルハロ~!!

スト2をこよなく愛する全国のスト2ファンのみなさんこんにちは。

前回まででキャミィ戦におけダイヤグラム検証・攻略も全て終了したわけだ。

そんなわけで今回はもう一度、キャミィ戦における壮絶な戦いの記憶を振り返り、熱く白熱したバトルから繰り広げられた数々の立ち回り攻略を振り返ってみようではないか。

えっ!?

連休中だから忙しい?

まあまあそう言わずにキャミィ戦、振り返っていこうぜ!!

まずはキャミィのダイヤグラムの全てがこちらっ!!

ん~、やはり改めて見てもキャミィはダイヤグラム最下位のホークに次ぐ弱さだけあって非常に厳しい状況下にあると言えよう。

しかし、この劣悪なダイヤグラム状況下においてもキャミィの不屈の闘志は燃え上がって行ったんだよな。

それが持ち前の敏捷性を活かしつつ通常技・必殺技を駆使した立ち回りだ。

今一度、このキャミィホワイトの超絶なる神テクニックの数々、とくとご覧あれ~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

全ての攻撃はしゃがみ中足を軸とした立ち回りにあり!!

キャミィと言えばまずはやはりこれだろう。

しゃがみ中足キック!!

 

キャミィは何と言ってもこれがなければ始まらない。

持ち前の素早い動きから前に出てしゃがみ中足で差し込む。

そして中足HIT確認からの~

 

スパイラルアロ~!!

この中足HIT確認が出来て初めて成せる技ではあるが、当り判定が広いしゃがみ中足を活かすにはこのスパイラルアローまで繋げられなければ話にならない。

いや、厳しく言わせてもらうとこれぐらいできなければ劣悪なダイヤグラム差にある環境を覆すことなどできやしないのだ。

また、ここでしゃがみ中足がガードされればキャンセルフーリガンコンビネーションアタックへと繋げるのだ。

相手の意識下をガード一辺倒にコントロールさせた状態でフーリガンコンビネーションアタックへと繋ぐこの奇襲攻撃はまさにキャミィを特徴づけたと言ってもよい。

キャミィはベガに意識下をマインドコントロールされていただけに、いかにして相手の意識をコントロールさせる術を仕掛けるのか百も承知なのだ。

相手をガード一辺倒にマインドコントロールすることなど朝飯前。

まずはしゃがみ中足で牽制し相手に意識をガードに向けてからの~

 

ヤッ!!

この相手を「あっ!!」と言わせた瞬間には投げ飛ばしているフーリガンコンビネーションアタック。

この「あっ!!」と思わせるタイミングで仕掛ける事ができてこそ完璧な発動タイミングなのだ。

そして、キャミィと言えばこれしかないっ。

神技とも呼べるキャノンスパイクのカウンター性能の高さ

いかにキャミィのしゃがみ中足、スパイラルアロー、そしてフーリガンコンビネーションアタックを駆使しようとも突進してくる相手や飛び道具があるようなキャラに対してはかなりの苦戦を強いられる事となる。

そんな時に絶大なる威力を誇る必殺技、キャノンスパイクの存在があった。

 

ベガのサイコクラッシャーの突進に0.7秒のコマンド入力から繰り出されるキャノンスパイクカウンター。

はたまたスト2における最もいやらしい攻撃であるヒョーバル攻撃でさえもカウンターで対策できた。

 

キャノンスパイクッ~!!

波動拳などの飛び道具に対しては相手の技が出る間際に発動させることで飛び道具さえも潰すことができた。

まさに、驚異的と言えるこのキャノンスパイクは使い方一つで攻めも守りも兼ね備えた必殺技なのだ。

完璧なる立ち回りでダイヤグラムを覆せ!!

いかがだっただろうか?

弱い、弱いと思われているキャミィだが使い方によっては鬼神の如き強さに変身を遂げたのだ。

前に出る時は出る、そしてカウンターを仕掛けるときはタイミングを見計らってキャノンスパイクを発動させろ~。

相手の起き上がり時にめくりやすいジャンプ小キックも備えられているためダウンを奪えばそこから最大コンボに繋げる事で勝機を見いだすことも可能となる。

恐れるなっ!!

前へ前へと前進あるのみっ!!

前方に出て相手にプレッシャーをかけ委縮したところをフーリガンコンビネーションアタック、飛んできたところをキャノンスパイクで攻め込めっ!!

飛び道具のないキャミィ。

されど鋭く攻め込む攻撃スタイルは時には飛び道具を凌駕すると言っても過言ではい強さを秘めているのだ。

今こそサイコパワーを払拭し慈愛に満ちた攻撃へと変貌を遂げるのだぁ~。

スポンサーリンク
キャミィ攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント