サガット戦におけるダイヤグラム攻略総集編

スト2ファンのみなさんおはよぉございます。一日の計は朝にあり、早朝3時に目覚めたゴミバコです。

休みになるとなんか寝ている時間がもったいなく感じるのかすぐに目が覚めるんですよねぇ。(子供かよっw)

前回でサガット戦におけるダイヤグラム検証・攻略も終了したので今回は総集編としてもう一度、サガットと言うキャラの立ち回りを振り返ってみたいと思う。

まずは「サガット vs 全キャラ戦」におけるダイヤグラム一覧は以下の通りだ。

こうして見てもサガットはブランカ・ザンギエフ・ホーク・キャミィの弱キャラ達には有利となったわけだが他のキャラに対しては全て負け越している現実。

これが弱キャラサガットの全てを物語っていると言っても過言ではない。

普通に立ち回っていては明らかに負けてしまうサガットだが盤石の立ち回りでキャラ性能を最大限に引き出し、ダイヤグラムを五分にもっていける実力を秘めていたのも事実だ。

サガットは己の弱点を知り、そして克服する事が勝利への秘訣となるのだ。

スト2進化の過程で劣化したサガットの弱点はこれだ!!

このサガットと言うキャラについての立ち回りを述べる前にどうしても確認しておかなければならない事がある。

それがスーパーストリートファイターから急激に弱体化したサガットの実態だ!!

スト2ターボまではまさに最強クラスの強さを誇っていただけに残念でならないわけだが、ここで今一度サガットの弱点を認識することでもっともっと強くなれるはずだ。

【検証その1】それは隙だらけのタイガーショットにありっ!!

上タイガーは腰から下がガラ空き状態となり、いとも簡単にカウンターを与えてしまった。

 

下タイガーに至ってはもう打って下さいと言わんばかりに隙だらけの状態に!!

 

これじゃあ勝てんよなぁ・・・。

タイガーショットの硬直時間が長すぎてタイガーアッパーカットが間に合わね~!!

【検証その2】劣化版タイガーアッパーカット

カウンターでとらえたにも関わらず上からのかぶせ攻撃で相打ち・下手をすれば負けてしまうアッパーカット。

 

昇龍拳やトマホークバスターとの同時発動で一方的に負けてしまうアパカ。

 

これ、本当にかつてムエタイ最強と呼ばれた帝王サガットかよ・・・

しかし、サガットの悲劇はまだまだ続く。

【検証その3】タイガーニークラッシュの超劣化

 

サガットが弱体化した中で最も残念だったのがこのタイガーニークラッシュだ。このひざ攻撃こそムエタイ戦士サガットを特徴づけた圧倒的強さの象徴でもあったのに・・・。

飛ぶ軌道が以前は名前の通り相手の顔面に向かって敵を粉砕する如く猛スピードで突進していた訳だが、後々になり地面を擦るようにホップしながら飛ぶようになった事に伴い移動時間が倍近くかかりスキだらけになったと言う訳だな。

サガットは全ての必殺技において劣化してしまったのだ!!

これも、あまりにも強すぎたゆえに宿命的な存在にあったのかもしれないなぁ。

必殺技性能の劣化は巧みなテクニックでカバーしよう

こうなる事はわかっていた・・・形あるものはいつかは崩れるように、どんなに優れたキャラでもいつかは衰退していくもの。

しかし嘆いていては始まらない。

そう、サガットを待つ先にはリュウの存在があるからだ!!

リュウとの戦いにおける敗北から受けた屈辱を胸に秘め再戦を誓うサガットに衰退などあってなるものか!!

必殺技性能が劣化したならその分はテクニックで補うまでよ!!

全く使えなくなったタイガーニークラッシュは移動技と反撃確定のカウンターで立ち回れ!!

相手をダウンさせそのままタイガーニーで追撃移動!!

 

コンドルダイブの戻りにタイガーニーでカウンター!!

 

まだだぁ~こんなもんじゃねーぞ~ 

サガットの本当の力は~!!

ギリッギリまで引き付けてからのタイガーアッパーカット~!!

 

遠距離から空中にいる敵に向かって高速タイガーショットでカウンターだ~

 

負けぬっ!!

リュウとの拳を交えるその日まで俺は負けるわけにはいかないんだぁ~!!

いくら劣化した必殺技の数々と言えどもプレイヤーの立ち回り方一つで形成はがらりと変化するもの。己の弱点を知り、克服することで自分の奥底に眠っている真の強さを引き出すのだ~!!

サガットのこのあくなき強さを求める根底にはサガットにも一人の格闘家としての血が流れているかもしれない・・・。

ありゃ!?

なんかこのセリフどっかで聞いたような気がするw

スポンサーリンク
サガット攻略
関連記事(一部広告含む)
スポンサーリンク
【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~