スーパー頭突きでフェイロンの最大火力を抑え込め!!

スト2史上最大火力を誇るフェイロンの弱点

前回、DJとのダイヤグラム検証において、ぼこぼこに抑え込まれてしまった本田。

どうやっても覆す事のできない現実に苦戦を強いられたわけだが、今回は一味違った生き生きとした本田の姿をご紹介させて頂く事になるだろう。

今回の対戦相手はスト2史上、最大級の火力を誇るカンフーマスターフェイロンだ。

フェイロンと言えば一撃必殺、スト2全キャラの中でもその火力はバイソンに引けをとらない、いや下手をすれば全一とも言えるキャラである。

その強さの秘密はやはり何を隠そう最大火力を誇る連撃技の数々、通称コンボにありっ!!

たった一発のパンチ、一発のキックからいとも簡単に多段HITコンボへと繋ぐことができるフェイロンは飛び道具のない本田に対し、いとも簡単にKOできそうなイメージがある。

しかし・・・このフェイロンと言うキャラには大きな弱点がある。

そう・・・

非常に打たれ弱いっ!!

特に突進系の攻撃に非常に脆い一面があり、本田戦においてはその弱さをまじまじと感じさせられる事態に陥ってしまうのである。

では、この本田とフェイロンとのダイヤグラム比はというと?

本田vsフェイロン(6.5 : 3.5)

以上のようなダイヤグラム比となっており、本田が相当有利な展開となるわけだ。

フェイロンはいくら突進技に弱いと言ってもここまで差が開くものなのだろうか?

それは行ってみよう!! 

相撲 vs カンフー大戦の開幕だぁ~。

これが本田の強攻撃とも言える必殺技、スーパー頭突きだ!!

さきほど、スト2史上最大火力を誇るフェイロンと紹介させて頂いた訳だが、その事実は紛れもない事実である。

しかし・・・

そんなフェイロンの火力をさらに上回るが如く、本田のスーパー火力が凄まじい威力を見せつける事となるのだ。

おらおらおら~~~!!

凄まじい張り手の連撃に加え、張り手後にフェイロンがガードを解いた瞬間におかま蹴り。

これがめちゃくちゃ強ぇ~。

えっ、ガード? 

なにそれおいしいの?

そう言わんばかりにフェイロンのガードなどおかまいなしにガンガン削りまくれる。

密着状態から最大で4HIT分を削ることが可能で、ガードしようが凄まじい体力ゲージの減りを伴いフェイロンを後退させるのだ。

ちなみにこの百裂張り手の凄い所は、一見すると前方に突進しているためフェイロンは本田の18番の必殺技、「スーパー頭突きのカウンターは来ないだろう」と考え、飛び込んで回避しようとするわけだが・・・

はぁ~!?

なして、張り手で前に来ているのに後ろタメが必要なスーパー頭突きが出るんだ?

ふふふ、よ~く考えてごらんなさい。

そう、百裂張り手は中パンチを5回押して(※正確には押しと戻しで10回)連射するだけで前に突進できる

このとき後方にタメを作ることで、フェイロンの飛び込みをスーパー頭突きのカウンターで迎え撃つことができるのだっ!!

これにより、本田は鬼無双状態にっ!!

フェイロンは飛び道具が無いため、まさに頭突きの的になってしまうわけだ。

フェイロンにとって、これは本当に厳しく、じっとしていれば張り手で削られ続け、攻めればスーパー頭突きが待っているという、まさに負の連鎖状態となる。

さらに、このスーパー頭突きはダウン性能もあるので、転んでしまったら・・・

いつもの大銀杏投げで今度は投げ飛ばされる結果になる。

本田はフェイロンに対し、永遠とこれらの技を駆使し繰り返す事でフェイロンを寄せ付けない結果となる。

フェイロン最大級の火力で最強コンボを叩き込めっ!!

ちっくしょ~、本田の鉄壁の攻めと守りに手も足もでないのかぁ。

まだだっ、まだ勝負はついていねぇ~!!

さあ、構えろっ!!

ありとあらゆる対策技の中から生み出されたフェイロンの本田攻略テクニックはこれだっ!!

ひたすら立ち大パンチの連打じゃ~!!

実はこの立ち大パンチの威力は凄まじく本田の頭突きも、百裂張り手もいずれも撃破できる

本田の頭突きが来る前に攻め込めば勝機ありっ!!

てなわけで、ひたすら立パンチを繰り出していても本田が攻めてこなければ意味はない。

よって、今度はフェイロンが仕掛ける番だ。

地上戦においては、隙あらば烈火拳で突進せよ!!

これは別にHITしなくてもOK。

本田の張り手同様にガードされても3HIT分まで削ることができるので、隙あらばじゃんじゃん攻めていくことが大事となる。

しかし、ここで注意することは烈火拳の3発目は本田にめり込み過ぎないようにパンチボタンを調整しなければならない。

そうでないと、即座に本田のカウンターが待っているぞぉ。

次に、フェイロンの必殺技の中でもかなり火力の高い炎脚の使い方はこうだ。

最も安全で効果てき面な炎脚の発動タイミングは本田の百貫落としへのカウンターか、密着状態からの発動に限り技を繰り出して行こう。

この炎脚はたしかに火力はあるが、かなり隙が大きくスーパー頭突きにカウンターを合わす事も出来るが、ミスって頭突きをくらった際のダメージは痛恨の一撃となる。

よって場面、場面で正確な発動を心掛けていこう。

こうやって一方的な本田の猛攻を回避していくわけなんだ。

最後にフェイロンの究極奥義、最大コンボのご紹介だ。

フェイロンは技と技の組み合わせで、キャンセル技を繋ぎ合わせコンボ化する事で、どこからでも6HIT、7HITのコンボ技を叩き込むことが出来る。

そのコンボの起点となる技が裂空脚の存在だ。

この裂空脚をコンボの起点とし、そこから一気に多段コンボを叩きこむのだっ!!

さぁ、どうだ!!

裂空脚が1HITするだけで、6HITのコンボが確定する。

これで一気に本田戦におけるダイヤグラム差を縮めたと言ってもよい。

もちろん、プレイヤーの腕が未熟で・・・

僕、烈火拳まで繋ぐコンボなんて何度やってもできないよ~!!

そんなことを言っているような甘っちょろいフェイロン使いでは、上級本田使いプレイヤーにいつまでたっても勝てやしないぞ~。

かのブルースリー大先生が「考えるな、感じろっ!!」の名言は有名だが、まさにこの本田戦におけるフェイロンは勝負勘を頼りに勝負をかけ、勝利をもぎとるしかないのだっ!!

まとめ

本田、圧倒的有利なこの組み合わせ。

本田圧倒的有利差をひっくり返す、フェイロンのコンボ成功率の高さがカギを握ると言っても過言ではない。

コンボさえ決まればフェイロンの勝利も目前だぁ~。

あとはコンボをミスらないよう修練を積むだけだ!!

君はどこまで自分のものにできるだろうか?

ホンダ攻略
関連記事(一部広告含む)
スポンサーリンク
【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~