ザンギエフの水平チョップで猛牛バイソンの突進を食い止めろ

どもども~

スト2ファンの皆さんこんにちは~。

ザンギエフのスクリューパイルドライバーは完全にマスターしたかな?

今回もザンギエフ戦におけるダイヤグラム検証・攻略に入っていくわけだが今回からは四天王編に突入するぞぉ。

四天王編一人目は猛牛バッファローとして名高いバイソン戦における対戦攻略となる。

掴み技スクリューパイルドライバーを引き下げたザンギエフと破壊力抜群のパンチ力を持つバイソン、両者の有効な立ち回り攻略とは!?

この両者のダイヤグラムは以下の通り。

ザンギエフVSバイソン5.5 対 4.5

若干ではあるがザンギエフ有利となっている。

バイソンは突進力を活かしたダッシュストレートで攻め込めば鈍足なザンギエフなど圧勝できそうな勢いではあるが、その攻撃を許さないザンギエフの赤きサイクロンとしての凄まじい吸い込み力に隠された秘密があるのだ。

それでは行ってみようザンギエフVSバイソン戦の始まりだ~。

グランドダッシュストレートで鋼の肉体を持つザンギエフを吹き飛ばせ!!

まずは対ザンギエフ戦におけるバイソンの立ち回り攻略と行こう。

バイソンといえば「オアー・オアー」と叫びながら猛突進するダッシュストレートが特徴的である。

その突進スピードはスト2キャラの中でも一位に属し、やばすぎるほどのスピードで相手に向かって突進、 HIT後ダウンを奪える優れた必殺技となっている。

ザンギエフ戦においてはこれが全てだと言っても過言ではない。

かなり離れた遠距離からでも突進できるダッシュストレートは動きの鈍いザンギエフに対し非常に効果的で、スクリューパイルドライバーの入らない位置から一気に詰め寄りパンチを浴びせることができる。

しかしここで大きな問題が!?

そう、ダッシュストレート・ダッシュアッパーはザンギエフのダブルラリアットの格好の餌食となるのだ。

 

ザンギエフはただ単にくるくる回るだけでこれら二つのダッシュ系必殺技を回避することができる。

よってバイソンはグランドダッシュストレートでザンギエフの足下を狙いダウンを奪うのだ。

これによりザンギエフのダブルラリアットを完全に封印!!

足元お留守状態のザンギエフに一方勝ちできるのだ。

さらにこのグランドダッシュストレートが発動してる間にもレバー下タメは継続しているのでザンギエフが飛び込んで来ようものならバッファローヘッドバットでカウンターを狙える。

これによりバイソンは常に地上・対空戦をスクリューパイルドライバーの入らない間合いで戦うことができると言う訳だ。

ここでちょっとした小ネタ攻略テクニックを伝授しよう。

ザンギエフの起き上がり時に体を密着させ、ザンギエフにスクリューパイルドライバーを誘発させよう。

この時にジャンプで後方に逃げながら攻撃を繰り出すことでスクリュードライバーを回避しつつ打撃を与えることができるのだ。

 

これは密着状態にあるザンギエフはここぞとばかりにスクリューパイルドライバーで投げに来るので体を浮かしスクリューをあえてスカらせる理屈である。

バイソンはこれらグランドダッシュストレートとバッファローヘッドバット、ジャンプパンチ以外は必要ない。

余計なことをするとザンギエフに接近してしまいタウンを奪われた挙句、スクリューパイルドライバーやファイナルアトミックバスターをくらってしまうリスクもある。

またスーパーコンボであるクレイジーバッファローもダブルラリアットでいとも簡単に返されてしまうため安易に発動させるような真似は絶対にしないこと。

地味なれど遠距離間合いを保ちながらひたすらグランドダッシュストレートとバッファローヘッドバットで応戦していくしかない。

これができて初めて一人前のバイソン使いだと言えよう。

水平チョップでバイソンの動きを止めスクリューパイルドライバーで一気に吸い込め!!

さて、 お次はザンギエフにおける立ち回り攻略と行こう。

先ほどバイソンはグランドダッシュストレートでザンギエフのダブルラリアットの弱点である足元を責め一気にダウンを奪えるテクニックをお伝えしたが、ザンギエフにはこれをカウンターする唯一の返し技が二つ存在したのだ。

まず一つ目がしゃがみ大キック。

これはザンギエフにおいて最もリーチが長くダウンも奪え、技の出だしも早いのでバイソンの突進に合わせて仕掛けることでダウンが奪える。

ただし逆を言えばこのしゃがみ大キックの戻りにグランドダッシュストレート差し返されるリスクもあるため、タイソンの突進を期待し闇雲に活動させるわけにはいかない。

そこで今回の対バイソン戦において重要な攻略となる技が水平チョップというわけだ。

この技のすごいところは先ほどのしゃがみ大キック同様、バイソンの突進に合わせかぶせることでパイソンの突進を食い止めることができるところだ。

ここまではしゃがみ大キックと同じなわけだが決定的に違うところはしゃがみ大キックよりも連発して技を繰り出すことができるので、これを振られるとバイソンはむやみに近づくことができなくなるのだ。

これは実戦では非常に効果的なので覚えておいてくれよなっ!!

次にこれだけ動きの早いバイソンをどうやってスクリューパイルドライバーで投げに持っていくのかを伝授したいと思う。

あんなに猛スピードで突進してくるバイソンを掴まえるなんて無理にも程がありそうだが、実はグランドダッシュストレートで突っ込んできた場合そのままスクリューパイルドライバーで投げ飛ばすことができるのだ!!

 

これは見てから仕掛けるのことは不可能に近いので、先読みが必要となってくるわけだが、これもクイックダブルラリアットなどで回転数を落とし、 バイソンの突進を誘発させそのまま投げに転じる事も可能!!

これが決まるとパイソン側は面食らってしまい、迂闊に接近することができなくなってしまうので、萎縮したバイソンにすり寄り画面端に追いやる事もできるようになる。

またもう一つ覚えておいていただきたい攻略テクニックとして前回の DJ 戦でお伝えした立ち大キックスカり後のスクリューパイルドライバーがある。

下の画像を見てもらえるとわかるように、バイソンの起き上がり時にあえて距離を保ち、立ち大キックをかぶらせ、リーチの長いしゃがみ中パンチを誘発させるのだ。

 

立ち大キックで半身状態になったバイソンはしゃがみ中パンチをかわすことができるので、そのままスクリューパイルドライバーに持っていけるというわけだな。

通称、スカリスクリュー!!

この立ち大キックからのスカりスクリューはリュウの足払いなどにも非常に効果的な一面がある事は前回もお伝えさせていただいた。

ザンギエフは水平チョップで牽制し、しゃがみ大キックでダウンを奪うことにより一気にザンギエフペースに持って行くことができるので、完全対応は難しいにせよ1回のダウンで勝利に結びつけるきっかけを作ることができるというわけだ。

これにてザンギエフ有利のダイヤグラムが構成されたと言っても良い。

ザンギエフVSバイソン戦 まとめ

ザンギエフVSバイソン戦いかがだっただろうか?

バイソンの突進力を活かした一方的な打撃技の応酬で手も足も出ないザンギエフかと思われたが、突進をくいとめ投げに転じるための立ち回り攻略が存在したのだ。

ただし忘れないで頂きたいのはザンギエフが圧倒的に有利というわけではなく、バイソン側が慎重にザンギエフの動きを見て立ち回ればバイソン側にも十分勝機があるということを忘れないでほしい。

両者、非常に緊迫したこの戦い。

勝利を勝ち取るのはバイソン打撃か!?

それともザンギエフの掴みか!?

全てはプレイヤーである君自身のコマンド入力精度にかかっているのだぁ~!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ザンギエフ攻略
スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

 

 

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント