ホイホイが通用しない!?フェイロンの敏捷性の無さが悲劇を呼ぶ!!

スト2ファンのみなさんこんにちは。

昨日、このブログのコメント欄にいつも見に来てくれる丸亀ホーク君よりコメントを頂いたのですがその際、ダルシムにちなんでお互いに「カレーを食べよう!!」という話題になりまして、たまたまネットで「ダルシム カレー」と検索してみたところ「ダルシムさん家のカレー」という商品が販売されていた事実に驚きを隠しきれないゴミバコです。

今度、このカレーを食べてみて皆さんに感想をお伝えしたいと思いますんでお楽しみに!!

さて、今回もダルシム戦におけるダイヤグラム検証攻略に入っていこう。

今回ダルシムに挑むのは「ホイッ~ホイッ~!!ホアチャ~!!」で有名なカンフーマスター、フェイロンとの一戦をお届けしていくぞぉ~。

遥か古より伝わるインドの秘宝ヨガに対し中国四千年の歴史を持つカンフーとの伝統の一戦。

スト2ファンであれば誰しもがゾクゾクしないかい?

まずはいつものようにこの両者のダイヤグラムから見てみよう。

ダルシムVSフェイロン➡7.5:2.5

な・なんなんだこのダイヤグラムは!?

ダルシム圧倒的有利となっているではないかっ!!

「ホ・ホ・ホアチャ(痛い)~!!」と痛々しいフェイロンの叫び声が聞こえてきそうなこの組み合わせ。

それでは、ダルシム圧倒的有利なダイアグラムの真相に迫っていこう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

歴然たる力の差!!これが中国四千年の歴史を超えたヨガの境地だ!!

ヨガヨガヨガ~!!

まさかここまでダルシムとフェイロンとの間に力の差が生まれようとは・・・

ところで今回のフェイロンと言うキャラ、以前お伝えしたキャラ達の中で誰かに似ていると思わないかい?

そう、前回の対戦でお伝えしたサイコパワーに魅せられしキャミィホワイトだ。

突進技・カウンター技・そして特殊技の数々・・・

非常に瓜二つのキャラだと言っても良い。

ただしここで一つだけ決定的な大きな違いがある。

そうスピードだ!!

キャーミーは バルログに次ぐスピードでダルシムを撹乱することができたわけだが、このフェイロンに至ってはそれがまるで効果をなさない。

とにかく動きが遅い!!

その結果、ダルシムに「間に合う」事態が発生し全てカウンターで返されてしまうのだ。

ヨガファイヤーからのズームパンチ・ズームキック!!

 

そして対空技として絶大なる威力を発揮する対空ヨガチョップ!!

 

そして忘れてはならないのが先ほどフェイロンはスピードが遅いとお伝えしたわけだが、厳密には空中での滞空時間の長さが大きな弱点を生んでしまうのだ!!

飛び道具のないフェイロンのようなキャラにとってはどうしても接近戦での戦いを強いられるため、前ジャンプでダルシムの懐に飛び込ん行くしかないのだ。

その時に滞空時間が長すぎる分、それだけダルシムまでの到達時間が長くなり隙が生じてしまうというわけだな。

上級者クラスのダルシマーが相手になるとヨガファイヤーを見てから飛び込むならまだしも通常の前ジャンプで接近する事はほぼほぼ不可能に近い。

ダルシムは先程の対空技に加えてヨガスライディングによるカウンターが絶大な威力を発揮するためダルシムまでの道のりは相当長い、いばらの道となるのだ。

そしてさらにこのフェイロンの空中での移動速度の遅さがさらなる悲劇を招く事態に!?

そう、ダルシム最強の必殺技、ヨガインフェルノの存在だ。

 

そもそもフェイロンはダルシムに接近するために飛び込むことはあっても後方にジャンプで逃げることはまずもってない。

バックジャンプで逃げようにも間に合わないのだ。

考えてもみてほしい。

このフェイロンというキャラ、ダルシム戦において後方ジャンプで逃げる必要があるだろうか?

以前、お伝えさせて頂いたようにもう少しでKOできるシーンにおいては、しゃがみガード不能の逃げジャンプ中キックは大きな効果があるが通常は必要ないのではないだろうか?

やっとの思いでダルシムに接近し近距離の間合いを手に入れた状態で、また自ら遠距離戦へと持ち込むようなことはありえないのだ。

そこに「ボッボッボッボッ~~~!!」とダルシムのヨガインフェルノが炸裂する。

こんな時に限って意気揚々と攻撃するフェイロンのガードが解けていると言うもの。

ヨガインフェルノが全弾ヒットしたり、空中に飛び上がろうとしても間に合わず触れてしまったり、まさに近距離からのヨガインフェルノは回避しようがないのだ。

削りだけでもかなりのダメージを奪うことができる上に、飛び込まれても接触面積が広いためカウンターでHITする確率は高く、リスクなくしてこのヨガインフェルノを発動することができる。

またこのフェイロンと言うキャラは飛び込みの弱さから、どうしても攻め込む手段が乏しい。

確かに最大級の多段ヒットコンボをぶち当てる事ができればフェイロンにも十分勝機はある。

しかし、正面やめくりからの初段ヒットを与えることができなければコンボどころの話ではないのだ。

はぁ!?

フェイロンには裂空脚で一気に飛び込む手段があるじゃないか!!

そんな声があがりそうだが・・・

確かに裂空脚の存在は一気にダルシムとの間合いを詰め、そのまま最大コンボに繋げる事もできる。

上手く画面端に追い込んだフェイロンは裂空脚からの投げと熾炎脚の2択技に持っていけることで抜群な威力を発揮できる。

 

しかし・・・・・

ダルシムにはあの技がある、そうあの技が・・・

スト2界の猫騙し、ヨガテレポートだ!!

せっかく画面端に追い込みこれからと言う時にま~たヨガテレポートで一気に逃げられてしまうのだ。

いつもならこの裂空脚で画面端に追い込み固め技のループに持って行く事ができるわけだが、裂空脚発動時のしゃがみモーション時における溜め時間がダルシム戦におけるフェイロン最大の弱点となってしまうのだ。

これがあるため画面端でハメ切ることができない。

このしゃがみ溜めに費やされる数秒の空白時間がヨガテレポートコマンドを入力させる時間的猶予を与えてしまうというわけだな。

攻めて攻めて攻め続けた先にコンボという名の一筋の光がある

遠距離戦を得意とするダルシムの攻撃をどうやってかわし、懐に飛び込んでいくのかが大きなポイントとなってくるわけだがなかなか勝機を見いだせず、タイミングを見て飛び込む以外は対応手段がないと言えよう。

唯一、裂空脚で突進すると言うアグレッシブな攻め手があるが、裂空脚が届く間合いになるとダルシムは警戒しヨガファイアーを打たなくなる。

そしてひたすらズームキック・ズームパンチでフェイロンの飛ぶ瞬間を叩き落とそうとする。

フェイロンをガードさせ、そしてガードの反動で後ろにのけ反らせ、また間合いを突き放すというわけだ。

この伸びる手足に熾炎脚でカウンターをヒットさせることが出来そうだがこの熾炎脚は昇竜拳よりも必殺技の性能が劣るため相打ち、または一方的に蹴られ負けてしまう事の方が多いのだ。

密着した状態におけるダルシムの伸びきった手足に熾炎脚をカウンターで合わせることは空振りのリスクが非常に大きいためあまり使えない。

そこで一つ覚えておいて頂きたい合わせ技がしゃがみ大パンチだ。

なんとなんと、このしゃがみ大パンチはダルシムのズームパンチにうまく合わせることで潰すことができるのだ。

 

このしゃがみ大パンチは体を丸めて龍が地を這うように攻撃するためズームキックは通用しない。

ズームパンチ一本のカウンターに絞ることが出来るため攻撃範囲も非常に広い。

これでカウンター攻撃を繰り出し攻めへと転じていこう。

次に必要になってくるのが烈火拳の存在だ。

この烈火拳は通常であれば3ヒットコンボまで確定する事が出来るため、中距離から一気に突進攻撃を繰り出すことが一般的であるがこのダルシム戦においてはそうなる前に突き放される可能性があるため、移動速度の遅さをカバーする目的で隙の少ない小烈火拳を発動させよう。

 

上手く行けば相打ち効果もあるため我が身を削ってでも前へ前へと歩む必要があるのだ。

あの手この手でダルシムに接近を試みようとするフェイロン。

しかし今回ばかりはどうしようもない相手だと言う事がわかって頂けたことだろう。

ホアッ・・ホア・・ホア・・

フェイロンの悲痛な叫び声がCPシステム2のQサウンドとなりスト2筐体スピーカーを通してこだまするのであった・・・。

今回の「ダルシム VS フェイロン戦」におけるダイアグラム検証攻略いかがだっただろうか?

「ヨガ VS カンフー」における隠された真相が明るみになったと思う。

それではここでおさらいと行こう。

ダルシムVSフェイロン戦 まとめ

ダルシムにおける立ち回り攻略

  • 遠距離戦でのヨガファイヤーからズームパンチ・ズームキックでフェイロンを寄せ付けるな!!
  • 対空技には絶大なる威力を誇るヨガチョップとヨガスライディングでカウンターHITだぁ!!
  • 画面端で窮地に追い込まれた際はヨガテレポートでピンチを脱出せよ!!

フェイロンの立ち回り攻略

  • しゃがみ大パンチでズームパンチを潰せ!!
  • 烈火拳の突進を生かしダルシムとの間合いを詰めるべし!!
  • 裂空脚からの固め技でホイホイ投げと熾炎脚との2択技に持ち込め!!

これぞヨガの境地!!

人知を超え、悟りを開いたダルシムはもはや人の域ではない。

たとえ中国四千年の偉大なる歴史を誇るカンフーでさえも凌駕してしまうのだ!!

スポンサーリンク
ダルシム攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~