刹那の瞬間を我が物とし一瞬の隙にダルシムカウンターを叩き込め!!

ダルシム攻略

 

スト2ファンの皆さんこんにちは~。

季節は春!!spring!!

 

桜の花も開花し始めた今日この頃いかがお過ごしですかな?

春といえばチュンリー春といえばさくら、ストリートファイター2においてもこの春というキーワードは非常にイメージ深い言葉の一つである。

 

しかし今回は引き続きダルシム攻略を行っていくので春とは全く無縁のものとなるw(※無縁かよっ!!)

それでは行ってみよう~。

 

まずは今回のお題はこちらっ!!

↓ ↓ ↓

突進系キャラの必殺技にカウンターするための返し技を会得せよ!!

 

ふむふむ昇竜拳やタイガーアッパーカットのようなリバーサル必殺技を兼ね備えていないダルシムにとってこれは非常に興味深い。

さぁ〜 一体どんな返し技が飛び出すのか?

スト2ファンの皆なら要チェックだぞ〜。

 

スポンサーリンク

これがヨガ最速の小パンチカウンターだ!!

 

まず始めに通常、ダルシムにはカウンター必殺技は存在しない。

 

リュウやガイル・サガット・ホークなどほとんどのキャラが瞬時にしてリバーサルを可能とする必殺技を兼ね備えているのニダッ!!

よってここで大きな問題となってくるのがエドモンド本田やブランカなど突進系キャラに対するカウンターでのリバーサルだ。

 

ブランカはガード後の跳ね返りにズームパンチやズームキックで確定カウンターが取れるが問題はエドモンド本田だ。

 

 

 

本田においては確反が取れないばかりか一度ダウンを奪われると大銀杏ハメを連発されるリスクもあるため対、本田戦においては簡単にダウンを奪われてはならない。

かと言ってガード一辺倒ではスーパー頭突きによりゴリゴリと体力ゲージを奪われかねないためガードするだけでも数を重ねるごとにかなりのダメージを奪われる結果を招いてしまうのだ。

 

そこで必要になってくるのがリバーサルしやがみ小パンチだ!!

 

実はこのダルシムの小パンチの発生は技の出がかなり早くローリングアタックやスーパー頭突きに対し、リーチの届く範囲でカウンターを繰り出せばいとも簡単に相手の突進を食い止めることができるのだ。

以下の画像を見て頂きたい。

 

 

迫り来るエドモンド本田のスーパー頭突きがダルシムの目の前に来た瞬間っ!!

その間およそ1秒弱っ!!

 

この1秒弱という刹那の瞬間にタイミング良く小パンチをヒットさせることで見事なまでのカウンター攻撃が確定するのである。

一間すると地味な技には違いないがこの小パンチ最大のメリットはコマンド入力を一切必要とせずしゃがみ状態で小パンチボタンを一つ押すだけでカウンターが取れるところだ。

 

しかしだからといってこの小パンチカウンターをそうやすやすと決めることは出来やしない。

なぜならば先ほどもお伝えしたようにパンチを早く出す、またはを遅く出すといったタイミングを見誤ることで最大の惨事を招いてしまう結果となるからだ。

 

 

 

また、このように百列張り手に対しててもカウンターが取れる。

 

まさに刹那の瞬間、最大のピンチにこのカウンター技を駆使することで形成を一気に逆転することができるのだ。

ダルシムはスト2史上最強のキャラと言われているがこういった通常技にこそ奥深さが隠されていると言っても過言ではないのである。

 

しゃがみ小パンチカウンターまとめ

 

ダルシムカウンターいかがだっただろうか?

コンマ1秒を切るわずかな時間内に小パンチカウンターで突進し迫り来る敵をそのパンチで跳ね除けることは至難の技である。

 

しかしこの小パンチカウンターを取得出来れば本来であれば攻め込まれ窮地に追い込まれるところを形勢を逆転させ有利な展開に持っていくこともできのだ。

まさに究極のカウンター技と言えるのではないだろうか?

 

究極のヨガカウンターしゃがみ小パンチ。

ダルシムをお使いの際は是非とも実践して頂きたいものである。

 

スト2も人生も逆境の中にこそ最大のチャンスが隠されているものである。

それを見落とすか見落とさないかはプレイヤーである君たち自身の手にかかっているぞ〜。

 

スポンサーリンク

コメント