熾炎脚発動時の無敵時間を利用し割り込みカウンターで最大ダメージをぶち当てろ!!

スト2プレイヤーのみなさんオィッ~ス!!さぁ~今回も張り切ってフェイロン攻略に入っていくぜぃ~(※Byケン・マスターズ口調)

今回もフェイロン攻略となるわけだが今回のターニングポイントは熾炎脚、そしてその熾炎脚に隠された無敵時間の謎についてBIGな攻略となっているので期待してほしい。

ホアッチャ~!!

 

熾炎脚と言えば直線状に天に向かって舞い上がる昇竜拳とは打って変わりえぐり込むように螺旋状に回転しながら飛び上がるフェイロンの必殺技である。

この昇竜拳と熾炎脚とでは天と地の差があると言っても過言ではない。

昇竜拳と熾炎脚を同時に発動させた場合は熾炎脚は余裕で負けるほどの弱さがある。

しかしそんな熾炎脚、使い方によっては最大限のダメージを生み出す事に成功するのだ。

それが熾炎脚発動時の無敵時間の利用しての割り込みカウンターにある!!

さぁ~てどんな驚きの攻略テクニックが隠されているのか?まばたきする事さえ許さない電光石火のカウンター攻撃に心を震わされろっ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その間0.4秒!?これが無敵熾炎脚の実態だ!!

それではいくぜぃ~まずこの熾炎脚の性能についてもう一度復習しておこう。

この熾炎脚には2通りの攻撃性能がある。それは上方向への攻撃と横方向への攻撃だ。

上方向においてはバルログのバルセロナアタックなど打点の高い位置におけるカウンター攻撃を可能とし、横方向においては若干、横幅の長い間合いを活かした攻撃が可能となる。

いわゆる飛び込みカウンター、地上戦での技の切り返しによるリバーサルで活かしていくのが最大のメリット。

しかしデメリットは先ほどお伝えした技発動後の無敵時間が短い事から起こる技の脆弱性、そして何といっても技発動後も余計な螺旋回転を伴いながらの落下となるため隙だらけ状態となる。

また、相手との攻撃が重なると相打ちになることもしばしば・・・。

そうそう、アニメストリートファイターでも「熾炎脚→竜巻旋風脚!!」で片腕を骨折させられたっけなwとにかく無駄の多い必殺技ゆえに隙が生まれやすい。

しかしこの熾炎脚、相手へのHIT瞬間においては時間的には非常に短いが無敵時間が存在することはお伝えした通り。では、その極めて短い時間を利用して何ができるのかと言うと・・・

食らえっサガット!!

カンフーは無敵だぁ~!!

 

な・な・なんと!?

どうみても起き上がりに時にタイガーショットがHITする瞬間に熾炎脚で割り込みカウンターを実現させているではないか!?

その間、時間にしてわずか0.4秒!!(※ストップウォッチで計った)

この瞬間だけは上昇中完全無敵の昇竜拳さえも凌駕する。というのもこの横方向へのHIT範囲がめちゃくちゃ広いからだ。

さらにこのHITした瞬間を最大限に活かした最終形態がこちらっ!!

↓ ↓ ↓

 

来たぜぃ~!!フェイロン究極のカウンター、その名も「割り込みカウンター」だ!!

本来であれば気功拳が当たるところを横方向への利点を活かした熾炎脚でカウンターをとり相手へHIT、このわずか0.4秒の間に繰り出される奇跡!!

広範囲に渡る当たり判定と、さらには0.4秒の無敵時間を利用した相手へのHIT優先。これらの要素がドンピシャでかみ合った瞬間にこの割り込み熾炎が完成するのだ。

カンフーは無敵だ!!

このセリフはフェイロン勝利時の一つであるがその言葉の意味が今ここに証明されたと言ってもよいのではないかい?(※ちょっと弱気w)

無敵時間を活かした割り込み熾炎脚まとめ

無敵時間を利用した割り込み熾炎脚の実態、いかがだったかな?よぉ~し、これで今日から俺もフェイロンマスターだ~!!

そんなにわかフェイロン使いも現れてきそうだがそうは問屋がおろさない。

なぜならこの割り込み熾炎脚はやってみるとわかるがタイミングが非常にシビア、かつコマンド入力が難しいと言うか勝手が悪いからだ。

スト2あるあるの一つで2P側の昇竜拳は出しやすい、でもキャラが右を向いた状態で2P側昇竜拳コマンドを入力できるかと言えばこれがなぜか出しにくいと言った経験もあるだろう。

コマンド入力方法は同じなのに不思議だよなぁ。これがベガ様の言う潜在格闘能力とも言うべきものなのか・・・

左右どちらの状態でも即座に熾炎脚を発動させることが出来てこそ、この割り込み熾炎でのカウンターが可能になると言えよう。

フェイロン使いの諸君!!

螺旋状に天に上る熾炎脚をマスターするためには親指の螺旋状の指紋が擦りつぶれるまで練習あるのみだっ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フェイロン攻略
スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

 

 

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント