ガイル戦におけるT・ホーク最大の攻略ポイントとなる「間合い5センチの距離」とは!?

ハロ~ハロ~!!

スト2ファンのみなさんこんにちは〜

前回の「ガイル VS ダルシム戦」から猛烈にダルシム使いへの道に目覚め、悟りの境地に到達しつつあるゴミ箱です。

それでは今回のガイル戦におけるダイヤグラム検証・攻略に入って行こう。

第3戦目となる戦いの相手は聖なる大地に生きる男、 T ・ホークとの対決だぁ〜。

飛び道具、ソニックブームを引き提げた空軍少佐ガイルに対し、T・ホークでどう立ち向かっていくのか!?

非常に厳しい戦いが予想されるが、まずはこの両者のダイアグラムから見て行こう。

ガイルvsT・ホーク➡6 対 4

となっている。

この両者の戦いにおいてはやはり軍配はガイルに上がるだろう。

その真意を探るにあたってどうしても T・ホークではガイルを倒せない理由が徐々に明らかになってくるはずだ。

果たして T ・ホークでのガイル攻略の糸口とは何なんだろうか!?

それでは行ってみようか。

「ガイル vs T・ ホーク」この両者の熱き戦いの果てに!!

近づきたくても近づけない苦戦を強いられるT・ホークの苦悩

ガイルにT・ホークが勝てない理由とは何か?

その答えはズバリ、待ちガイルにあるっ!!

待ちガイル・・・

それは言わずと知れたガイル最強の立ち回り攻略である。

ソニックブームを盾にひたすらレバー下溜め(※正確には斜め後方)を維持し相手が飛んできたらサマーソルトキックによる対空カウンターで迎え打つ。

これこそがガイルの真骨頂だ!!

 

初代スト2の頃から最も強力な立ち回り攻略として恐れられてきたテクニックであり、この立ち回り攻略を駆使し T・ ホークに立ち向かうことで T ホークは飛び込み不可能な一方的な展開となる。

そもそもこの 「T・ホークとガイル」とではリーチの長さ、特に長足にかなりの開きがありT・ホークでガイルに接近し打撃技をヒットさせることはかなり厳しい。

よってガイルがしゃがみ中足払いを連発してくるとホークとしては近づくこともできず、やがて飛び込まざるを得ない状況に陥ってしまうというわけだな。

ただ単に普通に飛び込んでいてはサマーソルトキックの格好の的となるためコンドルダイブでタイミングを見計らい突っ込むしかないわけだが、それでもサマーソルトキックの技のキレと威力は凄まじく、いとも簡単にコンドルダイブを返せてしまう。

本当にT・ホークとしては成す術がない。

またコンドルダイブはガードされてしまうとここで恐るべき事態に発展してしまう。

それはガイルのこれまた長い長足を活かしたジャンプ大キックカウンターである。

 

これが非常に痛い!!

何せ、コンドルダイブがガードされればこの大キックカウンターが確定してしまうからだ。

うまくガイルのガードが解けた瞬間にコンドルダイブを叩き込めればガイルをダウンさせる絶好のチャンスとなるわけだが、その瞬間を狙ってコンドルダイブを出すには非常にリスクが大きすぎる。

コンドルダイブは空中に舞い上がり軌道を変える際にどうしても頭部が下斜め方向45度に向き一瞬の間、硬直するためこのモーションからコンドルダイブと一発で見抜かれてしまうと言った弱点がある。

そしてこのコンドルダイブ発動の瞬間を確認した直後にマーソルトキックを入力することでいとも簡単にカウンター攻撃を繰り出すことができるのだ。

昇竜拳で飛んでくる相手を撃ち落とすレベルよりもはるかに簡単で、初心者でも十分に間に合うレベルにあるため非常に対応しやすい。

これによりガイルはT・ホークとの対空バトルを完全に制覇することができるといえよう。

間に合えばサマーソル、 間に合わなければがガード後の跳ね返りを狙ったジャンプ大キックカウンター。

この二つの攻略技が対ホークとの空中戦における最大の攻略法となる。

続いて地上戦におけるガイルの立ち回りであるが地上戦においてはやはり小と大のソニックブームの連発が最強と言えよう。

T・ホークの体格はスト2全キャラの中でもザンギエフに次ぐ大きさにあり、最も身長が高いためソニックブームを回避することが非常に難しく、 迫り来るソニックブームに対して接近し、掴みに行くことは上級者ホーク使いでも 非常に困難な道のりとなる。

前に歩くだけでソニックブームに行く手を阻まれてしまうからだ!!

一発目のソニックブームをガード後、即座にニ発目のソニックブームが飛んでくるため押し寄せるソニックブームをガードしつつ接近することができない。

対策として一番有効な技としては、やはり歩いてガードしつつリーチの長いしゃがみ中足で応戦するしかない。

ギリギリまで近づいてトマホークバスターでソニックブームに合わせる荒業的なカウンター攻略も考えられるが、実はガイルはこのホークが近寄った瞬間に後方にソバットで逃げることでトマホークバスターをつぶすことができるのだ!!

 

しかもこのソバットを発動している間にも後ろ溜めが活きている為、またソニックブームが飛んでくる。

地上戦においてはT・ホークはガイルに成す術もなく、まともに立ち合っていては勝ち目はないのだ。

まさにこれこそが「鉄壁の要塞ガイル」と名高い待ちガイル最終形態と言えよう。

これぞT・ホークフィールド!! 聖なる大地よ我に力を与えたまえ!!

地上戦・対空戦と泣き所の多いT・ホークではあるが果たしてガイル攻略のポイントはどこに隠されているのだろうか?

ここで今回、みんなに伝えたかった一番の攻略ポイントをお教えしよう。

それは何かというと・・・

ガイル・Tホーク戦における両者の間合い5センチの距離にこの戦いの全てが凝縮されている!!

ということだ。

この「両者の間合い5cm」とは画面上での5センチを指す。

なんじゃそりゃ!?

そう思われる方々もいるかもしれない。

実は両者の5センチという間合いに重要な秘密が隠されているのだ。

それはホークがガイルを攻め込むにあたって、この5センチの間合に入る事で、全ての必殺技が最大限の効果を発揮するからだ!!

この距離に近づくまでホークはありとあらゆる立ち回りを駆使し、ガイルに接近していくこととなるわけだが、先程から散々お伝えさせて頂いているように一筋縄で攻略できるほどこのガイル戦は甘くはない。

 

この両者の間合が5センチの領域に到達してようやくホークの仕事が始まるのだ。

まさにT・ホークフィールド(※T・ホークの領域!!)

この領域に入ったら、まずはこの垂直落下コンドルダイブをガイルの脳天にめがけて飛び込んで行くのだ!!

 

中・遠距離でのトマホークバスターはガイルのサマーソルトキックとジャンプ大キックで簡単にカウンターされてしまったわけだがこの5センチの領域に来れば話は別となる。

それはなぜか?

それはホークがガイルの頭上に最も密着した位置にてガードしてしまうことでメキシカンタイフーンを発動させるきっかけを与えてしまうしまうからだ。

よってガイルはガードだけは絶対にできない!!

そこでリフトアッパーやサマーソルトキックでカウンターする事となるわけだが、この頭上からコンドルが急降下するが如く迫ってくるコンドルダイブはリフトアッパーを潰し、サマーソルトキックでさえも潰す事が出来るのだ!!

またこの5センチの領域に到達したホークはトマホークバスターが届く距離にあるため、ガイルもそうそう易々とソニックブームを発動しガードを解くことはできないわけだ。

よってここに一瞬の躊躇が生まれる事となる。

至近距離でソニックブームを発動させてしまえばトマホークバスターでソニックブームをすり抜けカウンターヒット、さらにはダウンさえも奪える可能性を与えてしまう。

そうなると歩きタイフーンでハメ技に持っていかれてしまい、一瞬でKOさせられてしまうリスクもある為、この神の領域とも呼ばれる「5センチの間合い」 の前においては、この一瞬の躊躇が勝負を決定付ける結果にもなり得ることを覚えておいてくれよなっ!!

 

聖なる大地を利用した必殺技メキシカンタイフーンによる地面への叩きつけ攻撃、これこそが地の利を活かしたホーク究極の必殺技と言えよう。

この神の領域を我がものとし勝利を手中におさめるのだ!!

ガイル VS T・ホーク戦 まとめ

T・ホーク戦におけるガイルの攻略ポイント

  • ソニックの回転を最大限に発揮させ、ホークに接近させる隙を与えるな!!
  • リーチの長さを活かしたしゃがみ中キックで牽制し、痺れを切らし飛び込んできたところをサマーソルトキック、ジャンプ大キックによるカウンター攻撃を狙え!! 
  • 接近の危機に陥った場合は後方にソバットで逃げ、トマホークバスターをカウンターで潰せ!!

対ガイル戦におけるT・ホーク攻略ポイントのまとめ

  • T・ホークフィールド、神の領域とも呼ばれる5センチの間合いに全てをかけろ!!
  • リフトアッパー、サマーソルト対空はガイルの頭上から垂直落下でコンドルダイブを決めろ!!
  • 接近に成功したらトマホークバスターとコンドルダイブでカウンターヒット、一瞬のひるみにメキシカンタイフーンで投げ飛ばせ!!

いかん、今回はつい興奮して話が長々となってしまった。

しかし、この熱き想い、スト2プレイヤーのみんななら十分にわかって頂けたことだろう。

スパ2X 熱きバトルが こころ震わす!!

君は「ガイル VS T・ホーク」におけるこの熱き戦いの中に何を見たのか!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ガイル攻略
スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

 

 

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント

  1. アバター まるがめホーク より:

    ゴミバコさんこんばんは!
    ホーク記事の常連、まるがめホークです。
    今までスト2というゲームを2次元でとらえていましたが、まさか画面手前にホークの神の領域が存在していたとは。。。
    まさに天地がひっくり返るほどの衝撃。私がメキシカンタイフーンを食らった気分になりました。
    しかし、ホントに勉強になりますし、また戦略が広がった気がします。
    これから参考になる記事続けてください。応援してます!

    • ゴミバコ ゴミバコ より:

      来たねw
      ホーク使いの猛者、まるがめホークくん。

      スト2は確かに2D格闘ゲームだ。
      しかし、一つ一つの技には回転モーションが含まれるため実際には縦・横展開
      だけではなく360度の視野で捉えなければならない。

      ケンの一文字蹴りとかホークの水平チョップ(立ち大パンチ)なんかがそうだね。

      スーパースト2のエンディングを見てきてごらんなさい。

      各キャラが木箱を壊すシーンがスローで流れるが、あれを見ると技の動きがわかりやすいはず。
      やっぱスト2は奥が深いよなぁ~。

      これからもこのBIGな攻略ブログを参考にして日々、精進してくれよなっ!!