最大吸引力発動!?これがダイエットスクリューだ!!

両腕をスクリューの如き回り込ませ相手の体を掴みこみ上空へとジャンピング~!!

みなさんこんにちはジャンピングゴミバコです。

前回からザンギエフ編に入っているわけだが今回は前回に引き続きスクリューパイルドライバー攻略をお伝えしていくぜ~。

とは言え前回で基本的なスクリューの出し方、コマンド入力方法等はお伝えしたので今回はさらに上位レベルの攻略となる。

その名も・・・

ダイエットスクリューパイルドライバーだぅ~!!

鋼鉄の肉体を持つザンギエフにダイエットは必要ないはずだが、なぜにダイエット?

そう思われる方々もいると思う。

このダイエットスクリューの名前の由来は「肥満の人が痩せる!!」みたいなダイエットからきているわけではない。

実はこのダイエットスクリューは通常であればジャンプした体制でカウンターされるところをわざと大キックなどでジャンプ中のポーズを変え、相手のカウンターを避けつつ前進、そして気が付けば着地時点でスクリューの入る間合いまで詰め寄ることが出来るのだ。

要は「ブニョッ~」と鈍い低空ジャンプをする超重量級のザンギエフの体を絞るように飛ぶことからこの名前が付けられたのである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットスクリュー実践編

言うは易し、されどするは難し。ではでは実際にダイエットスクリューとはどんなものか画像を用いて説明していくぞ~。

まずは通常のスクリューパイルドライバーを発動させるにあたっていくらスクリューの間合いが広いと言えど中間距離においては吸い込むことが出来ない。

よってどんなに頑張ってもスクリューの入る間合いを超える位置にある時は歩いて近づくしかない。

しかし、ザンギエフはスト2キャラの中でもダルシムに次ぐ鈍足、ましてあの最低のジャンプ力ではそう易々と相手に近づくことなどできやしないのだ。

はじきスクリューで吸い込もうにも接近しなければ何も出来やしない現実。そこでダイエットスクリューの登場だ。

 

これでもうこれでおわかりだろう。そう、ザンギエフのジャンプ大キックには体を一回転させる特性があり、これを利用することで通常のジャンプよりもカウンターを受けにくくなる。

さらにはこのうねるような前ジャンプにより通常の前ジャンプよりも若干、前方に飛び込むことが出来るので着地時点でスクリューパイルドライバーが入る間合いに着地できるのだ!!

また、この応用技として知られるのがジャンピングラリアットを活かしたスクリューも代表的だ。

うおぉぉぉ~!!

 

丸太のような図太いザンギエフの腕から繰り出されるジャンピングラリアット。こいつを空振らせスカらせることで相手の前方に着地出来るのだ。

そしてここで一気に最大吸引力を活かしたスクリューで全てを吸い込めっ~。

このダイエットスクリューをマスターすれば今まで接近戦に持ち込みたくても持ち込めない、ジリジリした間合い取りの難しさから解放されるはずだ。

ソニックブームやエアスラッシャーなどの飛び道具をジャンプでかわす際もこのダイエットスクリューを駆使すればあっと驚く吸引力を相手に見せつける事が出来るぞ~。

ダイエットスクリューまとめ

ダイエットスクリューとはどう言ったものなのかこれでお分かり頂けた事だろうと思う。

いかにして間合いを詰めるか?

ザンギエフを使うにあたってこの「間合い詰め」こそが最大の課題であったわけだがこれで見事なまでに克服されたと言っても過言ではないだろうか?

とは言え、あまり連発して使用すると相手も身構えるのでいとも簡単に対空されてしまう事を覚えておこう。

ここぞと言う時に相手の意表を突く瞬間に仕掛けてこそダイエットスクリューは成功するだろう。

全てを吸い込むダイエットスクリューの吸引力は半端じゃねーぜ!!

コメント一覧

  1. アバター山﨑 より:

    僕は生まれたときから(大袈裟)
    『星のカービィ』シリーズの
    ファンなのですが、
    ザンギエフと結構共通点があります。

    カービィの「すいこみ」
    (名前の通り物を吸い込む)
    コピー能力「バックドロップ」
    (赤い鉢巻、吸い込んで色々な投げ技をする)
    →ザンギエフ
    「スクリューパイルドライバー」

    コピー能力「スープレックス」
    (高速ダッシュで色々な投げ技をする)
    →ザンギエフ「パワーボム」

    カービィの投げ技
    (ザンギエフと同じ名前の物、
    空中限定の投げ技)

    カービィの二つ名 ピンクの~
    →ザンギエフの二つ名
    「赤きサイクロン」

    等々…

    • ゴミバコゴミバコ より:

      まさかザンギエフとカービーにこんな共通点があったとは・・・
      こりゃ驚いたぜ!