バイソンの奇襲攻撃で相手を攪乱せよ

奇襲攻撃こそバイソンの真骨頂だ!!

オア~!!オア~!!オア~!!

バイバイバイソ~~ン!!

いつもオンライン対戦で意気揚々とクレイジーバッファローでリュウに突っ込む ➡ もろに真空波動拳を食らい反省するも翌日には同じパターンで負け続けているゴミバコです。

猪突猛進・・・この言葉ほどバイソンに似合うものはないのではないだろうか?

この言葉の意味は知性が欠けており単純な考えや、行動しかできない意味をさす。

まさに、生きる暴走キャラ、それがオア~バイソンである。

そんな、バイソン君の必殺技については前回、全種類ご紹介させて頂いた。

前回は必殺技の紹介に始まり、紹介に終わると言った内容だったので、たいした攻略にもならなかったが、今回は攻略要素満載なので心して熟読してくれよな!!

てなわけで早速、いこうか。

まずは、これ☟

しゃがみ中パンチ。

通称、芋ほり。(※連打すると芋をほりおこすようなしぐさを取る事から名付けられている。)

さっ!!さっ!!さっ!!

連打するとこんな効果音がでるが、実はこんななんでもない通常技に意外な効果が!?

それは何かというと・・・

リュウの足払いを潰したり、バルログやダルシムのスライディングを刈れるのだ!!

これを知っているかどうかで、優位な展開に持って行けるようになる。

相手を芋ほりで威嚇し、ダッシュグランドストレートに移行することができる。

必殺技というものは何でもかんでも出せばよいというものではない。

こういった通常技から「必殺技を発動できるチャンスを得る」事が大事であったり、はたまた通常技キャンセルから繋ぐことで、そのキャラの持つ必殺技も生きてくると言うものだな。

しゃがみ中足波動拳、しゃがみ中パンチスパイラルアロー、サマーソルトと言ったように必殺技単体ではなかなかHITできないものも、通常技と連携させることでその効果は絶大となる。

よってバイソンのように近距離よりも中距離を得意とするようなキャラはこの芋ほりで相手を遠ざけ、ダッシュグランドで攻撃することが最大の攻略となることを覚えておこう。

これぞバイソンの奇襲戦法だ

相手の下段攻撃は芋ほりで潰せた。

さらに、相手を遠ざけるにはリーチの長いしゃがみ中パンチで押し切る事も前回お伝えさせて頂いた。

この状態にしてバイソンのもつ突進力を活かした攻撃間合いとなる。

ここで一気に攻めるのも良いのだが、バイソンは突進する過程において実はかなりトリッキーな奇襲戦法が存在することをご存知だろうか?

次の画像をみてほしい。

【ダッシュアッパーゴチゴチ】

さあ、どうだろう?

バイソンの「オア~」の掛け声と共に突進してくるダッシュアッパー、これには相手もびびって反射的に身構えてしまうもの。

そこを即座に投げに転じている。

これはダッシュアッパーの硬直時間の短さを利用した名付けてダッシュアッパーゴチゴチだ!!

非常に有効かつ掴んでいる間もターンパンチの溜め時間を作る事が可能となる。

お次はすごいぞぉ~。

これだ!!

【飛び道具すりぬけクレイジー】

ん~ワンダフルー!!

ケンの波動拳を見てからクレイジーバッファローを炸裂~!!

前回もお伝えしたように、スーパーコンボであるクレイジーバッファローはかなりの遠距離でも拳の先端が相手に触れる事で飛び道具すら貫通する性能を持っているのだ。

よって、このように見てから発動させる事にもかなり余裕があり、腰を据えてどっしり構えながらでも十分に間に合う優れもの。

スパコンゲージが溜まったらいつでもこのイメージを脳裏に浮かべながらプレイしてほしい。

超必殺技ダッシュアッパークレイジーを習得せよ

は?

ダッシュアッパーしてからクレイジー!?

そんなクレイジーなコマンド入力ができるわけないじゃん!!

そう、思われたプレイヤーもいるかもしれないが、実はこれが出来るのが驚きである。

(1P側時のコマンド入力方法)

レバー左下ため➡右下+弱キック➡左➡右+パンチ

なぜこんな事が可能なのか?

それは、硬直時間の短いダッシュグランドアッパーとコマンド受付時間の長いクレイジーバッファローだからこそ可能なのである。

他のダッシュ系必殺技、ダッシュストレートなんかでも応用できるが、やはり硬直時間の短さから断然、ダッシュグランドアッパーからクレイジーに繋いだほうがよい。

また、ダッシュグランドアッパー時に下タメによりバッファローヘッドバッドへも転じることが出来る。

スパコンゲージがもう少しでたまる時などはダッシュグランドアッパーを発動させ、相手に近づき、びっくりしてガードを解いた瞬間にクレイジーを叩きこむのも良い。

まさに奇襲戦法にはもってこいの連続攻撃と言えよう。

実戦向きバイソン3段コンボをぶちかませ

最後に、バイソンのコンボについて触れようと思う。

といっても、このバイソンというキャラに至ってはジャンプ力が低いので相手の後方に回りこめず、めくりづらく、ましてやそんなチャンスはそうそうこない。

よって正面からのしゃがみ中パンチ➡ダッシュ系必殺技に繋ぐしかない。

バイソンの一撃は重く、たしかに相手がピヨりやすいスタン値の高い技を兼ね備えているが、3段コンボ以上の攻撃で一気にピヨらせることは難しい。

そこで登場するのが、相手の起き上がり時の表裏の区別の付きにくい状態から3段コンボをしかけると言うもの。

まず、相手がダウンしたらダッシュグランドストレートで裏に回り~

芋ほり➡しゃがみ中パンチ➡キャンセルダッシュアッパーで3段。

これでもぴよらなければ立ち大パンチ(※通称、如意棒)で追撃だ~。

これでほぼほぼピヨらせる事が可能。

表、裏の区別がつきにくく、芋ほりさえHITできれば3段攻撃完成とかなりお得なコンボだ。

ぜひとも実戦で活かしてほしい。

以上がバイソンの基本的な攻略となる。

あとは、実戦でこれらの技をどう叩きこむか、そこはプレイヤーである君自身の今後の努力にかかっている。

慌てずよ~く、目を凝らして見ていれば必ずクレイジーバッファローを発動できるチャンスが生まれる事、間違いなしだ!!

突進技から相手を攪乱し、身構えさせ、そしてゴチゴチで投げに転じ、スーパーコンボで締める。

これこそがバイソン攻略の基本的立ち回りと言えよう。

さあ、今日から私と共にバイソンで熱い拳を炸裂させようではないか!!

それではまた、バイバイバイソ~~ン。👋

コメント一覧

  1. アバターdaimong より:

    さんざんバイソンの試合を観戦して不思議なことがあります
    バイソンのダッシュ技は、ホンダ・ブランカ・ベガと同じ溜め系の突進技なのにバイソンだけが決まりやすいと思うのです
    ブログ主様はこのバイソンが他キャラよりも突進技が決まりやすいという意見に同意されるでしょうか?もし同意されるなら、なぜそうなるのか理由をお伺いしたいです

    上記とは別に、バイソンのダッシュ技はスキが非常に小さく距離が離れないので他キャラと違い攻撃が後に繋がるのが非常に強いですね…キャミィは距離は離れないがスキが大きいのでガード後は必ず反撃を食らって最悪ですね

    • ゴミバコゴミバコ より:

      daimongさん久しぶり。
      ん~バイバイバイソンのダッシュ技ですか・・・

      個人的見解で言わせてもらうとバイソンのダッシュストレート・アッパーの突進速度とブランカのローリングアタックの速度はほぼ同じに見える。
      ホンダの頭突きはこれらに比べて若干、遅いような気がする。

      問題はなぜバイソンだけ早く見えるのか?ですが・・・
      その答えは一つしかない!

      それはバイソンはダッシュ系の技を発動させる際に腕が伸びるから!

      腕が伸びる分、相手への到達時間も短くなる。
      その結果、「突進技も決まりやすい!」と言った見解だけどいかがかなぁ?

      あと、キャミィは弱キャラ扱いと言うれるのがまさにdaimongさんの言う通り。
      技がスカった時のリスクがでかすぎる。
      特にキャノンスパイクは飛び道具でカウンターされるし、スパイラルアローはめり込みすぎるとカウンターが待っているので距離調整が非常に難しいんだよね・・・

  2. アバターdaimong より:

    お返事ありがとうございます。腕が伸びるから、は本当に納得しました
    単純に到達時間が短くなると思いますし、加えて胴体がまだあんな遠くにいるのに
    もうヒットされたという意表を突かれることでうろたえてしまいます
    更にバイソンはバッファローヘッドバットとクレイジーで飛び道具持ち、特に
    硬直の大きい波動拳に対して安定して強いし、通常技+ダッシュの2段技でさえごっそり減る上更に投げに繋がりやすいと

    突進技持ちの中でバイソンのダイヤ順位がダントツなのも無理もないですね
    もう少し他の飛び道具なしのキャラにも愛を注いでほしかったと今更思います

    • ゴミバコゴミバコ より:

      さらには出だし無敵のクレイジーバッファロー!
      こりゃ~手が付けられんわい。