【コンボVSコンボ】昇龍拳と烈火拳のぶつかり合い

極めよっ最強のテクニック!!決めろっ最強の必殺技!!

しょ~りゅ~け~ん~、れっかけん!!

ん~、スト2ってなんでこうも一つ一つのスト2に関するキーワードを耳にすると心が躍るんだろうな。

スト2プレイヤーならこの気持ちわかると思うが、一歩家から外に出て何気なく「リュウ!!ケン!!波動拳!!」というようなキーワードを耳にすると、嫌でも脳が反応してしまうんだよな。

以前、とある美容室の店舗前の宣伝看板に「今日の一言」なるものを書いているボードを見かけたことがあった。

そのボードには「いらっしゃいませ!!」だの「髪にボリュームを!!」とか、その美容室の宣伝がされていた。

そんなある日、いつもの様にそのボードがふと目に入ったんだがこんな言葉が書き記されていた。

今日の一言 

ヨガファイヤー!!

一体、この美容室にスト2と何の関係があるのかと思った次第だがw

この美容室のスタッフの中にスト2好きな人がいるんだなと思うと妙に面白おかしく笑ってしまった事があった。

やはり30年近いスト2シリーズの進化に伴い、多くのスト2プレイヤー、スト2ファンが生まれた事を改めて実感させられ、わたくしゴミバコも感無量である。

それでは、いつものダイヤグラム検証に伴うキャラ対戦攻略に入って行こう。

今回の対戦キャラとそのダイヤグラムはこちら!!

ケンVSフェイロン(5:5)

ほほ~う・・・このダイヤグラム、思っていた通りのダイヤグラム構成だな。

自分はかねがね、このケンとフェイロンとの戦いにおけるダイヤグラムはほぼイーブンだと思っていた。

それはなぜか?

両者の攻撃スタイルが本当に非常に似ているという事だ!!

要は、どちらも一発のコンボで体力ゲージをドドドド~と減らすことができる。

とにかく破壊力が凄まじく、コンボ技を叩き込むチャンスが正面からでもめくりからでも、どこからでも繰り広げることが可能なので、油断も隙も無い。

両者とも対戦中に画面に目を光らせ、針の穴を通すかのごとく、一瞬の隙に脳内再生されたコンボを入力する。

これでほぼほぼ決着すると言っても過言ではない。

火花を散らし激しくぶつかり合う両者の戦いぶりを特とご覧あれ~!!

スピードVSスピード、技VS技、両者一進一退の攻防

ケンとフェイロンにおけるスピードはほぼ互角。

たたみかけるコンボ威力もほぼ互角と言ってもよいだろう。

しかし自分はダイヤグラム(5:5)と言えど、ほんの少しケン有利な気がしてならない。

それは何かと言うと、ケンの昇竜拳の強さにある。

【裂空脚を昇龍拳で撃破!!】

炎脚を昇龍拳で撃破!!】

しょ~りゅ~け~ん~!!

この昇竜拳が強い!!強い!!

特に昇竜拳の技の出際、ちょうど拳が腰のあたりに来た瞬間はまさに「昇竜拳は無敵だ!!」状態。

これにより、フェイロンの通常技・烈火拳・炎脚・裂空脚、全ての必殺技が潰されてしまう。

これが本当に痛いっ!!

ケンは昇竜拳で暴れ、ドラゴンダンスを発動させるだけで突進してくるフェイロンをダウンさせることが出来る。

またフェイロンには飛び道具が無いため、嫌でも接近戦を強いられる事となるわけだ。

これで本当にダイヤグラム(5:5)なのか?

そう思われがちだが・・・

スーパースト2Xへの進化に伴う特殊技の誕生

飛び道具のないフェイロンでどうやってケンに接近戦を挑めば良いのか?

これがスーパーストリートファイター2で誕生したフェイロンの大きな問題点であったわけだが、スーパーストリートファイター2Xになり特殊技が追加された事で、新たな進化を見せた。

それが裂空脚である。

スーパースト2まで横押しの烈火拳しかなかったフェイロンはどうしても波動拳の壁を乗り越えることが出来ず、ケンに向かって飛び込むしかなかったわけだ。

【ケンの足払いの戻りに烈火拳!!】

ホイッ!!ホイッ!!

ホアチャ~!!

中間距離での間合いでも一発目の大パンチ烈火拳がHITできればそのまま2発目・3発目へのコンボへと繋ぐことが可能なのでかなりのダメージを奪うことが出来る。

しかし、やはり波動拳で鳥かごをされると、この烈火拳を発動させる事が可能な中間距離の間合いにさえ持って行くことができなかった。

それがスーパーストリートファイター2エックスになってから追加された裂空脚により様々な技のバリエーションからのコンボ発動を見せる事になる。

見てるかケン!!これが本当のコンボというものだ!!

たしかにケンにも様々なコンボが存在し破壊力がある。

しかしだ、フェイロンのコンボにおいてはスト2キャラの中でも最強のコンボを持ち合わせたコンボだと言ってもよい!!

前からでめくりからでも、どのコンボもHIT数がめちゃくちゃ多い。

7HIT、8HIT、9HIT、すさまじい破壊力を持ち合わせている。

この裂空脚という特殊技の追加により、波動拳による鳥かごを回避しつつ、多段HITへの道が開けた。

横押しの烈火拳、上からの裂空脚、この上・横どこからでも攻撃展開が可能になったことでケンもそう易々と波動拳を打つ事さえできなくなってしまったのである。

フェイロンによる烈火拳・裂空脚を織り交ぜたコンボに対し、めく中足を起点としたケンの昇竜拳を織り交ぜたコンボ。

要約すると、両者これらのコンボを決めるために言える事は、フェイロンはどこからでもこれらのコンボを発動させる事が可能だがケンは起き攻めからからのコンボがメインとなる。

しかしケンの昇竜拳はフェイロンの必殺技よりも強い!!

これにより、ケンVSフェイロン(5:5)のダイヤグラムを実現させたわけだな。

最後に、両者における必殺技潰し対策を伝授させて頂こうと思う。

まずはケンの返し技から

【ケンの烈火拳対策テクニック】

まずは垂直ジャンプ大キック、これはフェイロンの烈火拳の突進を食い止める効果があり。

ここからしゃがみ中足➡昇竜拳へのコンボに繋げる事も可能。

そして、一文字蹴り。

これは中間距離からのフェイロンの烈火拳の出際や寄りを潰すことができるのだ!!

お次はフェイロンの返し技

【これが波動拳潰しだ!!】

これまたお見事としか言いようがない。

ケンの波動拳の出際にしゃがみ大パンチでカウンターHITっ!!

どうだい?すごいだろ?

と言いたいところだが、ここで覚えておいてほしいのは、これらの返し技は確かに攻略テクニックの一つとなるわけだが、実はこう言った返し技から相手の隙が見い出せるわけなんだ!!

うわっ!!

食らってしまった!!

戦いの中におけるそう言った瞬間は必ず隙が生まれてくる。

ほんのコンマ何秒かだが、スト2プレイヤーの思考がストップする。

そこにコンボを叩き込み、試合を有利な展開に運ぶことができる。

これがテクニックというもの、これが立ち回りというものだ!!

スト2が登場したばかりの頃、このようなキャッチフレーズを目にしたプレイヤーもいるだろう。

キャラ操作は無限大!!

スト2が誕生し、30年近く経った今、ようやくこの意味が理解し始められたプレイヤーも多い事だろう。

あなただけのスト2プレイ!!

あんただけのオリジナルな立ち回り攻略、ぜひとも極めてほしい。

レディ~ファイッ~!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ケン攻略
スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

 

 

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント