サンダーホークに隠されし正体の謎を知れ!!

T・ホーク攻略
この記事は約5分で読めます。

スト2ファンのみなさんこにゃにゃちは。

今回はいつものダイヤグラム攻略に入る前にT・ホークに隠されし正体の謎についてついて最近知り得た驚愕の事実をお伝えしたいと思う。

 

それはなななななんと!?

 

T・ホークの生い立ちから戦士になるまでのホークヒストリーだぁ~。

 

知っているようで知られていない謎多きホークの実態に迫れっ!!

 

 

まずT・ホークの名前からだが、このT・ホークのT。

 

これは「Tea=お茶」ではない。

 

T=サンダーを意味し、サンダーホークが正式名称となる。

 

 

彼はメキシコ出身のインディアンとして産まれサンダーフット族の子孫であり、そして勇者なのだ。

 

誇り高く性格は極めて冷静沈着だが瞬間湯沸器のごとく暴走すると手がつけられない。

 

ストリートファイター総勢16人のキャラの中で一番の長身であり、なんとその身長は230cmにも及ぶときたもんだ。

 

シャドルーの総帥ベガ様によってサンダーフット族は壊滅させられ聖地を奪われてしまった。

 

ベガの手にかけられてしまった彼のお父様はアロイオ・ホークという名前であり、その父の恨みを晴らし聖地を奪還するために戦っている。

 

そして、ここで驚愕の事実が!?

 

なんと、ベガ親衛隊の一人であるユーリことジュリアと恋人だった!!

 

以上がサンダーホークにまつわる正体の全てだ。

 

スト2プレイヤーのみんなは知っていたかなぁ?

 

そんなもんどうでもいいからはよ進めろや!!(怒)

 

そんな声が聞こえてきそうなのでそれでは今回のダイヤグラム攻略に入っていきますかね。

 

今回はバイバイバイソン戦だぁ~。

 

そして両者のダイヤグラムはこちら!!

↓  ↓  ↓

サンダーホーク VS バイソン=4 : 6

 

またもや相変わらずホークが弱い(涙)

 

力こそ全て!!これぞ猛牛バッファローことバイソンの突進だ!!

バイソンと言えば猛突進。

そして今回のホーク戦においてはその突進技がホークの前進を食い止める。

 

地上戦ではグランドダッシュストレート。

対空にはダッシュアッパー。

 

 

 

オギャ~オギャ~!!

 

泣きじゃくる赤子のようにかん高い声を上げ猛突進。

 

まるでリアルの若者達の叫び声が聞こえてきそうだぜ。

 

なんでおれは無職なんだぁ~!!

 

なんで一度も彼女ができないんだぁ~!!

 

・・・・・・

 

と、とにかくこのダッシュグランドストレートとアッパーだけで勝てると言っても過言ではない。

 

実際、ホークは攻め込む手段が乏しく、地上戦においてはこのダッシュグランドストレート、上から攻撃しようものならダッシュアッパーで負ける。

 

また、バイソンはホークの飛びに対して下タメがまにあわなくても通常のアッパーで相打ちがとれるのだ!!

 

 

 

こうしている間にもバイソンの下タメは生成され、そしてまたダッシュストレートが来る。

 

さらにはダウン時にバイソンは正面から小パンチで飛び込んで

 

 

やばすぎるだろこれ・・・

 

最後のダッシュストレートはスーパーコンボであるクレイジーバッファローでも代用可となっており、驚異的なコンボとなっている。

 

さすがスト2全一の火力を誇るバイソンだけのことはある。

 

ダッシュストレートをカウンターで捉え勝利への道を開け!!

あまりにもバイソンの突進が早すぎてつかみきれずメキシカンタイフーンにまで持っていけない・・・。

 

サンダー息子:アロイオお父さん助けてほぉ~。

 

アロイオ親父:知るかっ!今が試練の時じゃい!!

 

父親にも見放されたホーク・・・。

 

確かに父、アロイオ・ホークの言うようにここは踏ん張り所だ。

 

ホークの猛突進を抑え込むための術を・・・。

 

 

 

これじゃ駄目だもっと対策を練らないと・・・

 

考えろるなっ感じろ!!(By フェイロン)

 

・・・・・。

 

フェイロンこっちくんな!!

 

てなわけでバイソンのダッシュストレートを食い止めるためのカウンターがこれだぁ。

 

立ち中パンチ(※通称するめイカパンチw)

 

 

ふ~ん・・・たしかにカウンターとれるけど下手したら逆にダウンしない?

 

そう来ると思ってたんでこれならどうだ!?

 

 

 

でたぁぁぁ~~~!!

 

トマホークバスターでのカウンターだぁ。

 

これなら確かにホークのダウンを奪うことが可能だね。

ひゃっほ~!!

 

と言いたい所だが、このカウンターは不発に終われば意味がない。

 

とは言えここまでリスクを覚悟で発動させ、ダウンを奪わなければまず間違いなくホークに勝ちの目はない。

 

運任せかつ相手の読みを活かした発動が条件となるがこれでダウンを奪えばラッキータイムに突入だぞぉ~。

 

 

 

まあ一度こかしてしまえばホークにはメキシカンダブルタイフーンもあるからねぇ。

 

ここまで考慮してやっとバイソンと立ち回れるというわけだ。

 

にしてもきびしいよなぁ~。

 

トマホークバスターがHITする前にKOされてしまう事の方が多いわけだし・・・。

 

今回のサンダーホーク VS バイソン戦ダイヤグラム攻略まとめ

今回のホーク VS バイソン戦いかがだっただろうか?

一番の収穫はホークの親父さんの名前、アロエ・・じゃなかったアロイオ・ホークを知ったことではないだろうか?

 

無謀とも思えるホークのカウンターによるトマホークバスター。

 

スト2はときにはこのような無茶な攻めで形勢が逆転し勝敗が決する事もある。

 

だから、最後の1ドットの体力まで勝負を諦めたらいけないんだ。

 

ネバーギブアップ!!

 

何事も最後の最後まで諦めなかった者にこそ真の栄光があるのだぁ~。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. アバター ツバメ より:

    前作のホークはバイソンに圧倒的有利とれたのになあ~。ところで、以前ホークのプレイ動画でバイソンのダッシュストレートをダブルタイフーンで吸い込んで非常に驚きました。あれグランドダッシュでも同じことは出来ますか?

    • ゴミバコ ゴミバコ より:

      おっす!昨日ぶり!!
      グランドダッシュをダブルタイフーンで吸い込む?
      ん~・・・・。

      理論上は可能だがホークはザンギエフと違って投げの間合いが狭いし
      それに何より突っ込んで来るバイソンにダブルタイフーンをかけると
      なると何か通常技を空振りさせて2回転入力をしないといけない。

      あのほんのわずかな間に突進を見極め通常技を空ぶらせダブルタイフーン
      を入力するのは不可能に近いと思う。

      あらかじめバイソンの突進を予想し一か八かでしかけるにしてもドンピシャ
      のタイミングはかなり難しい気がする。

      結論:CPUならできるw