春麗の通常技の威力を見よ!!

おっす!!

明け方4時にブログを更新しているゴミバコだ。

こんな時間になぜ起きているのかと言うと、私の生活スタイルは「昼は低賃金労働→帰宅後寝る→夜中に起きる→明け方1時間寝る」といったスタイルなのだ。

夜中ってシ~ンとしてて物音もしないから、なんか自分の時間に浸れるっていうか、そういう時間が好きなので・・・まあ過去に無職時代は頻繁にニート生活を送っていたのでそのでいでしょうか。

さてさて、リュウ→ガイル攻略ときて今回より春麗(チュンリー)攻略と行くぞい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

多くのスト2ファンに愛され続ける春麗の魅力

とまあ、その前にこの春麗というキャラだが、本当にスト2プレイヤーの方々に長きに渡って愛され続けているキャラであり、その魅力について考えてみたいと思う。

  

そもそもチュンリーというキャラはインターポールの捜査官という設定で刑事であった父親の失踪を探す内に、その背景にあったシャドルーの存在を知る事となる。

その後、シャドルー壊滅に向け奔走することとなって行くのだが・・・

春麗の魅力はなんと言ってもその美しさにある。

容姿も美しい事はさることながら技の一つ一つが本当にチュンリーというキャラを表す特徴のある技となっており、これほどキャラと技がマッチしたケースもめずらしいと言えよう。

スト2初代の頃のチュンリーの紹介だ。

ん~・・・1968年生まれってことは今現在、49歳にもなるのか・・・。

まあそこはゲームの世界、いつまでも美しいキャラ設定であってほしいものだが、50歳のチュンリーの姿も見て見たい気がする。

スト2プレイヤーのみんなは、このチュンリーというキャラが好きな人が多いのはスト2初期のころから今現在のストリートファイターⅤへの過程において「子供から大人への成長」があったことで、いわば、スト2プレイヤーのみんなと一緒に成長してきた事による親近感や愛着からくるものではないだろうか。

私もチュンリーの大ファンで夜な夜な通販でチュンリー人形を購入したことがあり、今でも大事に部屋の片隅に飾っているぐらい好きだ。

とにもかくにもこのチュンリーというキャラは本当にかわいらしく、そして美しいキャラなのである。

とまあ、チュンリー攻略と言いながら何の説明をしているのかわからなくなってきた所で本題に移ろうと思う。

チュンリーの通常技と投げの威力は計り知れない

さきほど、チュンリーをべた褒めした私だが、ことゲーム内におけるキャラとしては使用すると嫌われる場合も多く見られるのだ!!

その一つに通常技の威力が半端ないことにある。

特に投げ技は反則ともいえるぐらい体力ゲージがド~ンと減らされることもあり、「ありえねぇ~」的な減りを披露する。

これに当て投げを絡め連発すると、初心者なんかは手の打ちようがない。

上級者は投げ返しやリバサで反撃するケースも多く見られるが、それでもやっぱり、この投げだけは、やばすぎる体力ゲージの減りを見せる。

よく動画でチュンリーを使い投げを連発すると「SGSR(すぐそれ)」なんて言う人も多い。

すぐそれ=すぐに投げる、投げばかりする事」がこの名前の由来となっている。

あまり、やみくもに連発するのは本当に相手に不愉快な思いをさせかねないので、使うのはピンチのときだけにしておこうな!!

かくいう私もこれをオンライン対戦で連発し、「そんなことばかりして楽しいか?」と対戦後に言われたことがあるぐらいだからなぁ。

次に代表的なチュンリーの通常技にしゃがみ中足や立つ中パンチがある。

  

これまた本当に技が強い。

かなりのリーチもある上に、そもそもチュンリーはバルログに次いで移動が早いので、この当てからのいつ来るかわからない投げに本当に対応しにくい。

おまけにキャンセルまでかかるものだから

  

このようにキャンセル気功拳に繋げることも可能だ。

他に、通称ビンタとよばれる立ち小パンチなんかも対空技として使えるので、このキャラは本当に強い。

空中戦においては斜めジャンプからの小キックが反則なみに強く、おまけにジャンプ時の打点も高いのでほとんどのキャラは空中戦で負けてしまうこともしばしば・・・

飛んでよし・地上戦よし・スピードよし・投げてよしと、な~んか良いことばかりで、欠点が見当たらないキャラではあるが、まあそこは良しとしようではないか。

よくリアル対戦で女性プレイヤーがチュンリーを使用するケースが多く見られるが、見ていて本当に心打たれるものがある。

男性にも女性にも愛され続けるチュンリー・・・いつまでもその美しさあふれる戦いぶりをこの目に焼き付けていたいものである。

チュンリー最高~~~!!!(※今回は、何の攻略説明をしたのかわからんw)

スポンサーリンク
チュンリー攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~