カンフーは無敵だ!!バルログ封じの鍵は熾炎脚によるカウンター性能にあり!!

よっ!! スト2ファンの皆さんこんにちは。

ダイヤグラム検証・攻略も終盤戦にかかりはじめ終わりが見えてき始めた今日この頃。

さあもう少しで全キャラ制覇だ。

最後の最後までスト2魂全開で攻略していくんで応援よろしくなっ!!

それでは今回のダイヤグラム検証・攻略に入っていこう。

今回もフェイロン戦における立ち回り攻略となるが今回は四天王2番手となるバルログが相手だ。

まずはこの両者のダイヤグラムから見て行こう。

フェイロン VS バルログ ➡ 4 : 6

鉤爪を装備したバルログが圧倒的有利な展開になると思えたがやはりそこはフェイロン。

カンフー独特の身のこなしで縦横無尽に飛び回るバルログに立ち向かうのだ。

フェイロンでのバルログ攻略の鍵は空中戦を封じ地上戦に持っていくかが大きな鍵で、「いかにして空中にいるバルログを叩き落すか?」が重要となってくるのだ。

フェイロンによるヒョーバル対策、これは必見の立ち回りとなっているぞぉ~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

裏周りのバルセロナアタックで一気にKOまで突っ走れ!!

まずはバルログの立ち回りから見ていこう。

このフェイロン戦におけるバルログは対処法を知るのと知らないのでは手も足もでない展開に陥ってしまうことも過言ではない。

基本となる立ち回りとしてはやはりしゃがみ中パンチによる牽制と立ち大キックによるカウンターの存在だ。

 

しゃがみ中パンチは言わずと知れたフェイロンの牽制攻撃となっており、「あっち行け!!」と言わんばかりに中パンチを連打しフェイロンを寄せつけさせない。

フェイロンの飛び込みに対してはこれは意外と知られていないカウンター技だが実はバルログは足が長いゆえに立ち大キックでいとも簡単にカウンターが取れるのだ。

そして若干離れた位置からは小パンチのクリスタルローリングクラッシュでタイミングをずらしヒットさせることでダウンが奪える。

 

バルログは繰り出す攻撃がどれも早いためフェイロンが接近する前に一手も二手も先に攻撃を仕掛ける事ができる。

フェイロンには烈火拳もあるが今回のバルログ戦ばかりはこのしゃがみ中パンチで押されるため、発動させる前に潰されてしまう。

たまりかねて飛び込もうのものならそこには対空技であるスカーレットテラーが待ち受けている。

 

ヒョ~ン ➡ ヒョンッ!!

そのまま3HITコンボへと繋がれてしまう。

このスーパースト2Xから追加された特殊技スカーレットテラーによる対空カウンターが備えられた事によりバルログはまさに鬼に金棒状態!!

飛び道具のないキャラにおいては地上戦も対空戦も非常に厳しい立ち回りを強いられることとなったわけだ。

そしてバルログは何と言ってスライディングの存在が非常にでかい。

 

ぶっちゃけこのスライディングで下タメを維持しつつフェイロンに攻撃を繰り出し、しゃがみ中パンチによる牽制とスライディング攻撃でダウンを奪い、そこから壁を蹴り空中に飛べばヒョーバル攻撃でいとも簡単にKOできると言っても過言ではないのだ。

このバルセロナアタックに至ってはフェイロンはめくりやすいキャラであるため表・裏、境界ギリギリの間合いで攻撃を仕掛けることによりめくり効果が実に大きくなるというわけだな。

フェイロンによるバルログ対策は研ぎ澄まされたカウンター攻撃にあり!!

地上戦・対空戦と非常に厳しい戦いを強いられるフェイロン。

しかしそこはカンフーの達人フェイロン、バルログの怒涛の攻撃を食い止める立ち回りの数々が存在したのだ。

それがカウンターによる攻撃だ!!

まずはバルログの最も得意とするスライディングに対し、最もリーチの長いしゃがみ中パンチでカウンターを取っていこう。

中間距離においてはこのしゃがみパンチを振って入ればバルログは容易にスライディングできない状態になる。

 

またこのスライディングに対してはバルログのめり込み度合いが高いため、バルログ側が一歩間合い管理を見誤ればそこに最大のチャンスが訪れることとなる。

このバルログのスライディングの硬直に対し一瞬の隙をつき烈火真拳を打ち込むのだ!!

アタッアタッホアッタァ~!!

 

この烈火真拳発動中は完全無敵状態!!

ということは至近距離においてはクリスタルローリングクラッシュやスライディングなどの突進系の技に対しカウンターで合わせることで全弾HITを浴びせることができるのだ。

地上戦はこのしゃがみ中パンチと烈火真拳で立ち回っていこう。

しかし問題はここからだ!!

バルログはやはり隙あらばフライングバルセロナアタックで空中戦を仕掛けて来ようとするためできることならば空中戦を回避し地上戦にもって行きたいところ。

そこで必要になってくる技が裂空脚の存在だ!!

 

この裂空脚はバルログが飛んだ瞬間であればカウンターで返すことができるため、飛び上がる前であれば一方的に攻撃を仕掛けることができる。

よってこの裂空脚で投げと熾炎脚の2択技に持って行こう。

バルログの下タメが完成していればスカーレットテラーの的となるがこの下タメを維持させないタイミングで攻撃を繰り出していけば非常に有利な立ち回りが可能となるぞぉ~。

そして今回、バルログ戦において最も伝えたかったフェイロン最大の立ち回り攻略が熾炎脚によるカウンター攻撃だ!!

燃やし尽くせ~!!

 

カウンターと言えばフライングバルセロナアタックに発動させるような立ち回りを想像されるかもしれないが今回のカウンターはバルログのしゃがみ中パンチや立ち大パンチなど、バルログ有利と思えるリーチの長い武器、鉤爪に向かって炎脚を発動させ燃やし尽くすことができるのだ!!

戦いの中からここぞという時に動物的第六感を働かせカウンター攻撃を仕掛ける。

これこそが打倒バルログにおいて欠かせないフェイロン最大の立ち回りとなるであろう。

フェイロンVSバルログ戦まとめ

バルログは地上戦においてはしゃがみ中パンチによる牽制とスライディング、対空技である立ち大キックとスカーレットテラー。

これだけでいとも簡単にフェイロンのダウンを奪う事がことができるため、そこから一気に飛び上がりフライングバルセロナアタックを繰り出すことができるのだ。

さらにはこのバルセロナアタックはただでさえ表・裏の区別がつきづらく非常にめくりやすいフェイロンにおいては相乗効果も加わり、一度こかしてしまえばそのまま一気にKOまで持っていくことができる。

フェイロンに至ってはダイヤグラムは不利なれどバルログのスライディングをしゃがみ中パンチカウンターですね返すことにより、そこから意表をついた裂空脚からの投げと熾炎脚への二択技へ持っていけるというわけだな。

また、絶大なるカウンター性能を秘めた熾炎脚により有利と思えたバルログの鉤爪を逆手にとりあっと驚かせるカウンター攻撃を仕掛け形勢逆転が図れるのだ!!

カンフーは無敵だ!!

この言葉に代表されるようにカンフーの極意は返し技にありっ!!

この返し技を極めてこそ真の拳(まことのけん)、烈火真拳としての価値が見いだされるのだ~。

スポンサーリンク
フェイロン攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~