待ちガイル戦術でソニック・サマーの嵐を築け!!

Good morning everyone~!!スト2ファンのみなさんおはよごぜーます。

前回、他国のスト2ファンの方とのメールを通し始めてからますます国際交流が深まりつつあるゴミバコです。

Hi~ Do you like american coffe?

アメリカの人にアメリカンコーヒーの良さを伝えようとしたが全く伝わらなかった自分ガイル・・・。

コーヒーの味は伝えられなくともガイルの良さは伝えられるぜ~。

 

てなわけで今回のお題はこちらっ

↓ ↓ ↓

待ちガイルの基本中の基本、そして基本にして最強とも呼べる待ちガイル戦術の攻略だぁ~

いかにしてソニックブームを最速に溜め、いかにしてサマーソルトキックをいつでも発動できる状態に持っていくのか?

初級者も上級者も今一度、基本に戻り「待ちガイル戦術」の極意をマスターしようではないか!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

待ちガイル状態への移行はいつでも溜めを維持してこそ

ではまずガイルの2大必殺技とも呼べるソニックブームとサマーソルトキックの発動条件から見て行こう。

この2つの必殺技に共通して言える事は「レバー横ため、あるいは下溜め」が必要となる。

厳密にはレバーを斜め後方に溜める事(※1P側なら左斜め下)でソニックブームもサマーソルトのどちらでも発動できる攻略ネタが発覚した。

これにより溜めさえ維持できればいつでもソニックorサマーソルトのどちらでも発動できる事となった。しかし今回お伝えしたいのは「その肝心な溜め時間をいかにして作り出すか?」と言った点だ。

いくら最短コマンドの溜め方を会得していても溜めに入る瞬間、「溜め時間のスタートダッシュ」が遅れれば何の意味もなさないのだ。

では、どうすればこの溜め時間をいち早く作り出すかだが、一言でいえばこうだっ。

前歩き時以外、全ての時間が溜め時間となる!!

要はレバーを前に出している状態(※ニュートラル状態含む)に関しては溜め時間が作れないがそれ以外は常に斜め後方にレバーを維持する必要があると言うことだな。

 

このように防御している時もサマーソルトキック発動で切り返す事が可能となる。サマーソルトキック発動時は一瞬、無敵時間があるため波動拳に当たる瞬間でもその無敵エリアを利用しカウンターが取れる。

はたまた前進時に不可能とされた溜めもニーステップ発動と同時に溜めに入ることで「前に移動しつつ溜め時間を作る」ことも可能となったのだ。

 

この発見で限りない溜め時間の構築が可能となったと言っても過言ではない。

そしてこの技からさらなる進化を見せた溜め攻略がこちらっ!!

↓  ↓  ↓

 

立ち状態からのスタブ、あるいは前ソバット・後ろソバット、全てにおいて技発動後にいち早く溜めモードに入ることで相手に反撃の隙を与えないまま待ちガイル状態への移行が完成したのである。

まさに鉄壁の要塞ガイルここに完成!!

以上の溜めコツを駆使すればいつでもソニックブーム、またはサマーソルトキックが発動できるようになるはずだ。

これが待ちガイル状態への移行に隠されし「溜め攻略のコツ」の全貌である。

待ちガイル構築のための溜めコツまとめ

待ちガイル攻略に必要不可欠となるソニックブーム・サマーソルトキック発動のコツがお分かり頂けただろうか?

今まで何となく「待ちガイル」と言う言葉は知っていたが実際にガイルで待ったところで全く勝てなかったプレイヤー諸君は今回の溜め攻略を是非ともマスターしてほしい。

「溜める」と言った単純な作業とも思えるべきコマンド入力にここまで奥深さを秘めたキャラはこのガイルをおいて他にはいない。

ガイルの持つソニックブーム、サマーソルトキックと言った2つの同時コマンド必殺技があってこそ、この「待ちガイル戦術」と呼ばれる究極の格闘戦術が編み出されたのだ。

「防御こそ最大の攻撃」と言うことわざがあるが、守りに徹することもまた勝利への近道となる。

これを機に鉄壁の待ちガイルマスターに成長してくれよなっ!!

スポンサーリンク
ガイル攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント