ファイナルアトミックバスターを叩き込みザンギエフ最強説を証明せよ!!

パワーがスピードを上回るダイナミックな白熱したバトル

スト2ファンのの皆様こんにちは。

ゴールデンウィーク最終日いかがお過ごしかな?

あれだけ長期間あった連休も今日で終了!!

明日からまた学校や仕事が始まってしまうわけだが諦めるのはまだ早いぜ!!

今の時代は自宅にいてもオンライン対戦という優れた遊びの場があるので最後の最後までゴールデンウィークを満喫しようぜ。

わたくしゴミ箱は相変わらずオンライン対戦でスト2三昧の日々。

まあ連休なんて関係ないんだけどね~

さて今回はスト2最強のパワーを持つザンギエフとキャミィホワイトとのダイヤグラム検証・攻略となる。

すばしっこく動き回るキャミィに対し、鈍足なれどコサックダンスで鍛えられた強靭かつ鋼の肉体をもつザンギエフとの戦い 。

この戦いにおいて、スト2におけるパワーキャラがスピードキャラを上回る戦いを証明出来る事になるであろう。

まずはこの両者のダイヤグラムから

ザンギエフVSキャミィ➡4対6

蝶のように舞い蜂のようにさすキャミィをパワーザンギがいかにして追い込み、掴み技スクリューパイルドライバーまで繋げていくのかこれは見物だぜ~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まさにスピードスター!!これこそがキャミィの神速とも呼ばれる技の数々だ!!

まずはキャミィの対ザンギエフ戦において最も有効となる立ち中キック・しゃがみ中足払いの紹介だ。

この技の凄いところはとにかく早い、そしてリーチが長いところにある。

 

動きの遅いザンギエフにとってキャミィに近づくには歩いて近寄るか飛び込むしかないわけだが、まず歩いて近づく際にこのしゃがみ中足払いが大きな壁となる。

このしゃがみ中足を連打されるとザンギエフは接近しようにも無理がありすぎるのだ。

近づいて技を出そうにもあまりにも中足のリーチが長くリーチ差から何もできない。

そうなると飛び込むしかないわけだが飛び込むと今度は立ち中キックでカウンターされる。

これが早いのなんの!!

見てからでも十分に対応できるほど余裕がある速さの蹴りだ。

またキャミィには、必殺技キャノンスパイクが備えられているためザンギエフ唯一のリーチ長さを保つ、しゃがみ大足キックでさえもカウンターでいとも簡単に返せてしまうのだ。

画像を見てもらえればわかるると思うがどうみてもキャミィにザンギエフの足がめり込んでいるにも関わらず、キャノンスパイクやスピンドライブスマッシャーがHITしている。

ザンギエフにとってこれは脅威でしかない。

キャミィはこれらの通常技と必殺技を組み合わせ、地上戦・対空戦をザンギエフの様子を見ながら戦うことで完全対応できると言っても過言ではないだろう。

また、これだけ攻め込まれるとどうしてもザンギエフは無意識のうちに身構えてしまう事となる。

そうなるとキャミィの18番とも言えるフーリガンコンビネーションアタックが炸裂するのだ!!

普通であればダブルラリアットで返せるので、なんて事はないはずであるがどうしても意識がしゃがみ中足等のガードにあるためいきなり来ると反応が遅れてしまうわけだな。

スーパーコンボ、スピンドライブスマッシャーに至ってはたとえ返されてもザンギエフにカウンターされる事がないため、ゲージが溜まった状態で密着し削るだけでもかなりのダメージを与えることができるぞぉ。

まさにスト2界のスピードスターと言われるキャミィ・ホワイト。

鈍足なザンギエフなどなど敵ではないように見える。

しかしダイヤグラムを見てもらえると分かるようになぜかザンギエフはキャミィよりも優位なダイヤグラムに位置している。

一体この原因はどこに隠されているのであろうか?

投げ技だけではない打撃技でプロレス最強を証明したザンギエフのキャミィ攻略

では次にザンギエフにおける立ち回り攻略と行こう。

ザンギエフは先ほどのチクチクと針を刺すようなキャミィの攻撃の前に為す術もないわけだが、じっとしているだけでは勝てやしない。

よってここはやられる前に仕掛けるべし!!

これこれこそが超絶パワーの持ち主、ザンギエフというキャラを象徴する勝利の方程式といえよう。

まず始めに、普通に歩いてキャミィとの間合いを縮めて攻撃する事はあまりにもリスクが大きい。

よってここはリーチの長い通常技を生かし突進していくしかない。

リーチの長い通常技といえば立ち中キックとしゃがみ大キックだ。

 

これらは非常にリーチが長く(※といってもキャミィには遠く及ばない)が上手くいけばキャミィの接近に合わせヒットさせることが可能となっている。

そしてこれらの技を振り回すことで飛び込むチャンスが巡ってくるのだ!!

ザンギエフはジャンプ力は低いがこの短所を上手く活かし~

飛び上がってから相手を攻撃するまでの時間が極端に短いのでジャンピングラリアットでキャミィのしゃがみガードを崩すことができる。

また、ブラランチャーに至ってはスパイラルアローの発動に重ねると、そのままコンボに持って行き相手をピヨラセルことも可能だ。

 

これらの技を駆使し、不可能と思われたキャミィとの間合いを徐々に詰めていくのだ。

そして打撃技を出すと見せかけスクリューパイルドライバーの入る間合いに来た時こそ、赤きサイクロンの絶好の発動タイミングとなるであろう。

フンガッ!!

 

このスクリューパイルドライバー発動時のコマンド入力ついては普通に入力していては間に合わない。

よってここは、はじきスクリューの出番となる。

はじきスクリューとはその名の通りレバーを弾くように下方向にから上方向に向け一気に回しボタンを放すと言った荒業である。

最後にもう一つ忘れてはならないのがスト2最強のスーパーコンボファイナルアトミックバスターの存在である。

スーパーコンボゲージ貯めるためにはクイックラリアットが効果的でキャミィと離れた状態にある際はタケコプターのようにくるくる回りスパコンゲージを回収していこう。

キャミィを接近戦でダウンを奪うのは至難の技だが、ダウンを奪えば飛び込み小キックからファイナルアトミックバスターを炸裂させることで体力ゲージの半分を奪うことができ一瞬にしてKOできる。

コマンド入力が「レバー2回転+パンチ」とかなり難しい入力を必要とさせられるが、ザンギエフ使いはこれだけは何度も練習しマスターしなければお話にならない。

何が何でも2回転!!(※2回転といえば例のニカさんを想像するよなぁw)

今日も明日もあさってもファイナルアトミックバスターが発動できるその日まで、ひたすら練習してくれよな!!

ザンギエフVSキャミィ戦まとめ

いかがだったかな?

確かにキャミィは打撃HIT数においてはザンギエフを圧倒するかもしれない。

しかしザンギエフの鋼の肉体の場合には他のキャラに比べて1.5倍近くのダメージを与えなければKOできない。

そうなる前に掴まれてしまっては元も子もないわけで、やはり慎重に立ち回れば勝てると言えど、最初から最後まで完全に対応することは難しいのである。

パワーこそ全て!!

ザンギエフの強靭な肉体こそ最大の武器となる!!

さぁ~今日からスト2プレイヤーのみんなもこれからの夏に向けてコサックダンスで鋼の肉体に改造しようではないか!

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    フェッ!フェッ!ガーハハハハ

    • ゴミバコ より:

      今現在、九州全域にてメキシカンタイフ~ン!
      まさにT・ホークフィールドの真っただ中だ!
      今年の台風はダブルタイフ~ン級か!?

  2. daimong より:

    ザンギVSキャミィはキャミィのしゃがみ中キックが強いがザンギはそれを立ち中キックで返すことができ、それを更にキャミィの遠目の立ち中パンチで返せるのが熱いですね
    あとどこかで見たのですがキャミィはキャノンをリバーサルで出せれば端に追い詰められていない限り全ての窮地を脱出できるとか…

    話変わって実は以前から思っていたのですがザンギエフVSキャミィ➡6対4ですが、ダイヤグラム一覧ページを見ると逆になっているように見えます。このページのザンギの方が強いという結論にも関わるので、よろしければ確認していただけるとありがたいです

    • ゴミバコ より:

      あ~!
      ダイヤグラム比がザンギエフの方が6でキャミィが4で逆になってたw
      修正箇所の指摘、本当に感謝!ありがとう~

      ところで確かにザンギエフの立ち中キックはキャミィのしゃがみ中足に有効です。
      しかぁ~し!?
      キャミィとザンギエフでは移動スピードが圧倒的に違い過ぎる。
      キャミィの超接近からのしゃがみ中足はまさに鬼。
      よってザンギエフは先読みで出すしかない。

      キャノンスパイクはリバーサル昇竜拳の要領で起き上がりに出せば超有効な技だ。
      ジャンプの軌道とジャンプ大キックがリュウ・ケン並みの蹴り技だったら文句なしのキャラなだけに残念でならない・・・