ダブルニープレスの先端にまさかの1HITダウン効果が!?

皆さんこんにちは~ゴミ箱です。

さぁ~今回も引き続きベガ攻略に入っていこう~。

今回は知られているようで知られていないベガのダブルニープレスについて攻略していきたいと思う。

今更ダブルニープレス攻略かよ?

そんなプレイヤー諸君も多いことではないかと思うが・・・。

その考えが甘いっ!!

これでも食らえ~!!

ひ・ひでぶ~!!

まだまだぁ~!!

初代スト2のCPUベガはこれを溜め時間一切なしの2連続で飛んできた。

どうりでCPUベガが強く倒せなかったわけだわ。

さすがにシリーズが進化しスト2ダッシュからはこのインチキダブルニーはなくなり弱体化したベガ。

しかしこのダブルニープレスには続きがあったのだ!!

それが今回、たったの1HITだけのダブルニーでダウンを奪える攻略テクニックだ。

なんとも信じがたい攻撃だがこれが嘘のようで本当だから驚きだ。

それではダブルニープレスに隠れた真相を徹底検証だぁ~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダブルニープレスの超破壊力特性

ダブルニープレスと言えば大・中・小キックのどれかで飛距離が変化しプロレスで言えばドロップキック状態で相手に突進していく技だ。

ドロップキックと違う点はドロップキックは横方向に攻撃するがダブルニープレスは横方向さらには落下の反動を利用して斜め下方向にも蹴りを入れる。

 

体全体を反転させ上段に1HIT、下段に1HITの一度に計2HITを可能にする技だ。

この動きがカサカサと蟹が動く姿に似ていることから蟹ベガと名付けられたことは今更言うまでもない。

至近距離からぶち当てればその効果は絶大であるため、にらみ合いの状態から発動させることで相手が技を出そうとガードを解いた瞬間にHITさせる事も可能となる。

しかしこのダブルニープレスには弱点がある。

それは上からの攻撃に滅法弱く発動中、いとも簡単に上から押しつぶされてしまうことだ。

これにより対ベガ戦においては離れた位置からの飛び道具やジャンプ攻撃で対応すればダブルニープレスの脅威から身をも守ることが可能となって行った。

ダブルニーを封印されることで至近距離からの2HIT回数が減り、それだけダウンを奪う機会も少なくなりベガは苦戦を強いられることになる。

さすがにホバーキックや粉砕覚悟のサイコクラッシャーで突進していくわけにはいかないからね。

どうにかしてダウンを奪いたい・・・

そこで編み出されたのが今回のダブルニープレスの先端攻撃によりダウンを奪うテクニックだ。

ダブルニープレスの2段目に隠されたダウン性能

そう、この2段目の攻撃こそベガの最も恐るべき技。

これを上手く使いこなすことでいとも簡単にダウンが奪えるのだ。

 

このように離れた位置から初段をすかし2段目を当てる。

知ってしまえば何でもない技だがこれが実戦で活かされるのと活かされないのでは大違い。

なんせたったの1HITで相手のダウンを奪うことが出来るのだから。

しかもこの技の利点はどんなに離れた位置からでもあえて2段目だけHITする位置から仕掛ければダウンが奪えると言うことだ。

まさに無限の射程圏内!!

そして驚くべき事実がもう一つ。

それはこのダブルニーの先端を当てる際、「小・中・大」どのキックボタンでもHITさえすればダウンを奪うことが可能なのだ!

これが何を意味するかわかるかぁ?

そう、常に先端が1HITで当たる位置から技を出せばダウンがいつでも奪えると言う事。

このダウン射程距離を常に意識しながら戦うことでベガは驚異的なダウン性能を誇ることになるのだ。

いやぁ~すげ~。

ここまで意識しながら立ち回るベガ使いはそうそういないだろう。

これでダウンが奪えれば何度でもめくりから破壊力抜群のベガコンボに移行できると言うことだ。

ぜひ実戦してみてくれよなっ!!

まとめ

2発目のダブルニープレスでダウンを奪えるところまでは知っているプレイヤー諸君も多かった事だろう。

しかしまさかこれが「小・中・大」のどれを使っても効果があるなんて予想できただろうか?

遠距離からの大キックニー先端での攻撃はよく見かけるがまさか小キックニーの先端でもこれが可能とはね~。

かくいう自分もこの事実を最近まで知らなかった。

ためしに実戦で小・中キックによる効果を試してみたところ確かに出来た。

これからはいつでもダウンを奪えるベガとしてこの「ダウン射程」を常に意識2段目をぶち当てダウンを奪っていくぜ~。

つ~かこれだけでかなり有利にもっていけそう(※わくわく~)

ではでは今回はこの辺りで!さよならクラッシャ~!!

スポンサーリンク
ベガ攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~