ザンギエフの通常つかみ技は9種類もある!?

ザンギエフ攻略
この記事は約5分で読めます。

 

赤~コーナー~チャンピオン スタン!ハンセーン~!!

サポーターを左腕の力こぶにはめ直してウエスタン・ラリアットさく裂~~~!!

 

いきなりなんだ!?

 

そう思われた方々、まあ聞いてほしい。

 

さかのぼる事、30年近く前になるだろうか・・・

 

当時、リアルタイムで日曜の夜中(※月曜の明け方0時)ぐらいだったと思うが、全日本プロレスがTVで放送されていた。

 

そのころ私は小学6年生だったが妙にこの全日本プロレスに興味をひかれ、ジャイアント馬場やジャンボ鶴田、タイガージェットシン、アブドーラザブッチャーと言った選手の迫力あるバトルを子供ながらに応援していた。

 

応援というより、悪役レスラーの登場ぶりや暴れっぷりが本当に好きで、ブッチャーの右に左に腕を決めるポーズなんかは学校でも友達の前で相当真似をした覚えがあるw

 

今思えば、あの当時のプロレスをリアルタイムで見ていたなんて、夢のようだが本当に良い時代だった。

 

小学生で眠いのを我慢し0時まで起きていてプロレス番組が始まるのを今か今かと待っているうちに、いつの間にか寝てしまい朝、目が覚めると猛烈な後悔だけが残ったことも良い思い出だが、それぐらい興味をもったものだ。

 

そして、時は過ぎ高校1年のころにスト2と出会い、そのキャラの中の一人、ロシアレスリング界の皇帝、ザンギエフと出会うこととなったのである。

 

ザンギエフつかえねー!!なんだこのキャラ!?

スト2を初めて何日かたったある日のこと、いつものように部活の帰りに一人で黙々とゲーセンのスト2をプレイする自分だったが、あろうことかキャラ選択画面で間違えてザンギエフを選択してしまったではないか!!

 

キャラ選択後はどうすることもできず、しぶしぶ必殺技のコマンドをみながらザンギエフでプレイしてみることに・・・

 

使ってみての感想は!?

 

つっかえね~~~よ!!

 

何だこのキャラは!?

 

動きは鈍く、ジャンプも低い、飛び道具も無い!?

 

これが最初にして最後の使い道のないキャラだと思い込んでしまったわけだが・・・

 

後々、このキャラにはとんでもない必殺技が備えられていた事実に驚愕した。

 

そう、スクリューパイルドライバーの存在である。

 

この技は体力の減りが半端ない上に相手に近づき、いつもの投げ間合い以上の距離でも「フンガッ!!」と掴んでしまうのでCPU戦などではスクリューを食らうたびに、一人心の中で「オワぁぁぁ」と叫んでしまっていた。

 

その他にも驚かされた点として、とにかく投げ技の多い事、多い事!!

 

いったいいくつあるんだよ・・・

 

と、一人つっこみを入れたこともあったが、実は通常投げ技は9種類も存在していたのだ。(※どおりで多いわけだ)

 

以下に、その凄技の数々をご披露しようではないか!!

 

【もみもみ、アイアンクロー、ブレーンバスター、かみつき】

 

【パイルドライバー、ジャーマンスープレックス、パワーボム、はえたたき、ほおりなげ】

 

正式名称がわからないものは適当に名付けてしまったがw

 

それにしても多い・・・多すぎる!!

 

いったい、これだけの技を備え付けて何の使い道があるのか?w

 

と思いたくもなるが、ザンギエフはプロレスラーだし、プロレスラーといえば技のオンパレード、多種多様な技を持ってこそだ!!

 

「ここまでよく作ったなぁ」とつくづく感心させられ、ザンギエフというキャラが本当にプロレスを祖国を愛し、プロレスを愛しているというのもうなずけてならない。

 

そういった点では、ザンギエフというキャラは異種格闘技戦におけるスト2では貴重な存在になっているのである。

 

機動力はなくともパワーとテクニックでカバーしよう

まあ、今回はザンギエフというキャラの紹介をメインにしているので何ら攻略にはなっていないが、このザンギエフというキャラ、使い方によっては恐るべきキャラに変身するのだ!!

 

そのテクニックは次回に伝授させて頂くとして、とにもかくにも要は相手にいかに近づくかが鍵となっていて、その近づくためのテクニックが上級者になると格段に跳ね上がるというわけ。

 

相手に近づいたら最後。

 

画面端で「スクリューハメ」といわれるように当て技からスクリューパイルドライバーを繰り返し、何もさせないままKOできることも!?

 

ただし、その近づくまでが至難の業で、近づいても正確なコマンド入力を要し、ミスなく処理することでパーフェクトに近い勝利をもぎとることも可能だ。

 

サガットのタイガーショットをかわしつつ頭突きで一発ピヨリw

  

 

また、このように一発逆転的な要素も兼ね備えているので、こちらが劣勢でも一瞬の隙をついてたたみかけKOチャンスを狙える面もこのキャラの面白いところではないだろうか?

 

ほんと、このザンギエフというキャラは迫力満点のキャラであることには違いない。

 

人間、好き嫌いはよくあるもの。

 

けれど、今まで一度もザンギエフに興味の無かったプレイヤーも一度、試しに使ってみる事で新しいザンギエフワールドが君を待っているかもしれないぞぉ!!

 

スポンサーリンク

コメント