リュウでのバイソン攻略の鍵は投げ技にあり

リュウとバイソン打撃戦におけるダイヤグラム検証

今回からリュウ戦におけるダイヤグラム検証もついに四天王バトルに突入じゃ~。

四天王一人目のキャラは猛牛として名高いバイソンとリュウとのダイヤグラム検証といこう。

まず、最初にバイソンといえばボクサー、「オア・オア・オア~」と、このキャラの打撃の破壊力はスト2キャラ全一とも言える破壊力を持っており、リュウとしてはその攻略・対応の仕方に悩まされる事となる。

通常技もさることながら、その通常技からコンボに繋げることのできる数々の必殺技、どれもこれもかなり強い。

とくにあの遠距離からのダッシュストレート、グランドダッシュストレート、対空技にも使えるダッシュアッパー、そしてさらにスーパーコンボであるクレイジーバッファロー。

これらの必殺技のスピードが早いのなんの!!

肉眼での見てから対応はほぼ不可能、とっさにガードするも「これガード不能じゃね?」と言わんばかりのスピードで突進してくるので、この対処の攻略に手を焼かされてしまう。

では、リュウとこの猛牛バイソンとのダイヤグラムはというと・・・

リュウ(4.5):バイソン(5.5)

あれだけどのキャラにもダイヤグラムが有利に働いていたリュウもバイソンには負けてしまう。

この原因はスト2シリーズ進化に伴い、大きく成長したバイソンの必殺技にあるのだ!!

それではさっそくリュウ・バイソン戦における激しい攻防の中から、なぜバイソン有利のダイヤグラムが生まれてきたのか検証し攻略していこうではないか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

波動拳の隙をついて突進するバイソン必殺技の威力を見よ

リュウVSバイソン、ここまでダイヤグラム差を決定付けた要因の中でも最も大きな必殺技の一つそれが・・・

バッファローヘッドバッドの存在だ!!

この技のせいで!!

この技のせいで!!(Byリュウ)

スト2シリーズ初期の頃はこのバッファローヘッドバッドはなかったので飛び道具をさける際にジャンプでかわすしかなかったわけで、打撃力はあるが相手に近づけず何もできず何度も泣かされたバイソン。

しかし、バイソンは諦めなかった。

そして編み出されたクレイジーバッファローという必殺技、これがやばすぎるぐらいの性能で波動拳はすりぬけるわ、かなりの移動距離で前方にぶっ飛んでいくわ、手の付けようがない必殺技に成長した。

もうこの時点でリュウはいつものお得意な波動拳での一方的な横押しは通用しない。

よってリュウ側としてはバイソンが停止している時か突進してくる時を波動拳で狙い撃ちするしかないわけだ。

かかってこいやバイソン!!

波動拳をぶちかましてたるぜ~!!

これで、万事OK!!・・・じゃね~。

なぜかというと、この波動拳でバイソンの突進技が来る前に仕留めるにはかなりのリスクを伴うからだ。

コンマ何秒かの遅れで・・・

オァ~~~!!!

これが痛い!!

リュウの波動拳発動前の「波動の構え」の際に、バイソンのダッシュグランドストレートがHITしてしまう事態に陥ってしまうのだ!!

この「波動の構え」の分、リュウはバイソンに後れを取ってしまう。

昇龍拳を適当に打っていればHITできる上にダウンできるじゃん!!

こんな事を考えるリュウ使いプレイヤーがいるかもしれない。

しかし、これが悲惨な結果しか引き起こしかねない。

しょう~りゅ~・・・オァ~!!

バイソンはダッシュ系の必殺技の他にターンパンチがあるので、いくらタイミングを見ながら波動拳を打つと言っても、このターンパンチがいつくるかわからない。

そして、このターンパンチはガードしながら相手に気付かれず長時間溜めを可能にすることが出来るので、下手すりゃ「シックス!!セブン!!」など溜まっていることがあり、易々と昇竜拳を打ち無防備の状態に叩きこまれたら形勢が一気に逆転してしまうのだ!!

バイソンの猛撃を恐れるあまりガードし続けていると・・・

しゃがみ中パンチアッパーゴチゴチクレイジーバッファロー

これは、ガードしても投げとクレイジーバッファローの削りだけでもかなりのダメージを奪える威力がある。

打撃戦でも分が悪く、受けても分が悪い。

じゃあ、どうすればリュウでバイソンを攻略することができるのだろうか?

バイソン攻略の鍵はリュウの当て投げ技と中足灼熱波動の2択にあり

いくらバイソンが有利だと言ってもリュウ・バイソンのダイヤグラムが4.5対5.5と格段に離れていない理由はリュウの投げ技にある。

リュウはなんだかんだ言っても当て投げが強い!!

相手の起き上がり時に通常技を重ねて投げ飛ばす、バイソンに至っては波動拳を打ち、クレイジーバッファローのすり抜け後の硬直を狙って投げ飛ばすなどの多彩な投げ間合いが存在する。

バイソンは下後方にタメを作る事で全ての打撃系必殺技に繋げる事が可能だが、起き上がり時においてはリュウが飛び込んで当て技を当てる事で、この下タメを解除しなければらないない、よってそこを投げに行くのだ。

もしバイソンが暴れようとするならこれだ↓

しゃがみ中足灼熱波動拳でダウンを奪え!!

この2択がリュウ・バイソン戦における攻撃の要となる。

これはリュウ側が狙って攻撃をしかけるのではなく、2択技なのでバイソンに防御されれば何にもならないわけだが、バイソンがダウンするたびに、この2択をしかけることで投げか打撃のどちらかいずれかがHITする。

まとめ

バイソンはバッファローヘッドバッドで波動拳をすり抜けたり、ダッシュグランドストレートでリュウのダウンを奪う、ターンパンチでスーパーコンボゲージを溜める等で一撃性のあるクレイジーバッファローへと持って行く。

リュウ側はバイソンの動きを見ながら波動拳を打ちダウンしたら当て投げ、しゃがみ中足灼熱波動拳への2択へと繋げることが必要になってくると言う事だな。

前に進むバイソンとそれを迎え撃つリュウ!!

この両者の一進一退の攻防にプレイヤーの技の駆け引きのセンスが光るのだ!!

うなれっ!!スト2魂!!

スポンサーリンク
リュウ攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~

  1. アバターたにさん より:

    家で娘とかもいてテレビゲーム出来る環境ではないので、最近ようやくスイッチライトを買ってスト2を久々にやってます(^O^)バイソン好きなんですが、ダッシュ系の技に上手くキャンセルコンボが繋がりません。コツを教えて下さい。

    • ゴミバコゴミバコ より:

      たにさんこんちにちは~。
      ほほ~うバイソン使いですか。
      バイソンのコンボを出すコツですがわかりやすく説明するとですね。
      バイソンのグローブが相手に当たった瞬間、すぐにダッシュストレート・アッパーを出すのがコツだね。
      まぁ基本はしゃがみ中パンチにキャンセルをかけるんで「しゃがみ中パンチを出す➡相手に当たる(※ガードされても同じ)➡触れた瞬間に高速でダッシュ系必殺技を入力」以上の流れで出すといいよ。
      しゃがみ中パンチを出している最中、正確にはしゃがみ中パンチ発動直後に即座にレバーを後方に入れ後ろ溜めに入るのがポイントだね。
      おそらくたにさんは後ろ溜めが完成していないんじゃないかな?
      後ろ溜めができていないとダッシュストレート、ダッシュアッパーがでないからね。
      ではでは~頑張ってください~バイバイバイソ~ン!!