ダルシム有利のダイヤグラムに立ち向かうリュウ

波動のリュウ、ヨガのダルシム熱き戦い

ダイヤグラムはくつがえせるんじゃ~!!

いんや、無理な組み合わせは何をやってもダイヤグラムは変動しないんじゃい!!

ムキキッ!!

ストリートファイターシリーズにおける持ちキャラ同士のバトルにおいて必ずや発生する大きな壁、これこそがダイヤグラムである!!

今回より、そのダイヤグラムについての攻略に入っていくわけだが、キャラごとの組み合わせで進めていくとスパ2X、16キャラ全てのキャラを組み合わせると莫大な組み合わせとなる。

その組み合わせの一つ一つを解析してくのか、それとも代表的な組み合わせで進めていくのか非常に悩まされた。

しかし、このブログの名前に究極攻略と名付けた以上、一切の手抜きは無用。

やってやるぜ~!!

途中でへばってしまうかもしれないが、そこは持ち前のスト2魂で全キャラのダイヤグラムを読者の皆さんに力ある限りキャラバトル方式でお伝えしていこうと思う。

期待していてくれよな!!

さぁ~て、そんなダイヤグラム検討会、記念すべき第一回目はこれだ!!

リュウVSダルシム

リュウ目線でのダイヤグラムと行くぜぇ。

今後は、リュウを固定に他の全キャラを検討し、その次はケンを固定に他の全キャラといった具合に進めて行きたい。

ARE YOU OK?

それでは行こう、リュウVSダルシム、ラ~ウンド1ファイッ!!

リュウの屈指の強敵ダルシムと言う名の壁を乗り越えろ!!

さあ、はじまりました。

まずはスパ2Xにおける、リュウVSダルシム、この組み合わせのダイヤグラムを紹介しよう。

リュウ(4)に対しダルシム(6)、4:6のダイヤ比となっている。

やはり、ダルシム優勢に変化はない。

では、なぜダルシム優勢といえるのか?その根拠はいかに!?

それはずばり、ダルシムの身体能力にあり!!

このダルシムというキャラ、上からの攻撃には滅法弱いが横からの攻撃には滅法強い。

どういうこと?

それを今から証明しよう。

実はダルシムはジャンプ力の低いキャラには完全対応できると言っても過言ではないのだ!!

バルログのバルセロナフライングアタック、春麗のハイジャンプ、ベガのヘッドプレス等、ジャンプの打点が高い、空中を高速で移動できるキャラ以外は持ち前の身体能力で相手の攻撃を封じ込めることが可能となっている。

リュウやケンなどの打点が低いキャラ、ガイルやDJなど空中の滞空時間が長く、動作がのろいキャラに対して絶大な威力を発揮する通常技。

それが・・・

 

ズームパ~ンチ!!

ームキィ~ック!!

たったこれだけでリュウの接近する動きを封じ込める事が可能となる。

さらに!?

ヨガスライディングで波動拳の下をくぐり抜けダウン奪取!!

波動拳発動確認直後のドリルキック~!!

これらの技は何と言っても「相手の動きを見てから発動させれば十分間に合う」のだ!!

よって、リュウに成す術なし!!

上級ダルシムにリュウで近づけないのは、この相手を寄せ付けない立ち回りが優れているからと言ってよい。

うまいダルシムほど何もしない、ひたすら相手のリュウの動きを観察している。

そして、これらの技を戦闘の中で型にあてはめ発動させていくというわけだ。

これにてほぼほぼ、リュウはダルシムに劣勢状態となり、敗北を帰す。

これこそがリュウVSダルシムにおける4:6のダイヤグラムを象徴している証拠である。

ダルシムはズームパンチ、ズームキックでリュウを近づけさせなければ何も怖くはない。

飛び道具の波動拳も発動後に隙が生じるので対処可能。

となれば、リュウに残された選択肢は一つしかない。

どうにかして、意地でもダルシムに近づこうとすることだ。

リュウがダルシムに近づくための一つ目の戦法として、じわじわと歩いて近づくか、大ゴスで横移動を繰り出す方法がある。

しかし、この戦法ではズームパンチでゴツゴツ押されて突き放されるのが関の山。

では、二つ目の戦法として飛び込み前ジャンプはどうだろうか?

これもズームキックの餌食となりアウト~。

となれば、最後はあれしかない。

そう、竜巻旋風脚でダルシムのダウンを奪うのだ!!

うまく通れば、確かにダウンを奪える。

しかしだ・・・

ノォォォ~~~!!!

実はこれも、ガードされてしまったあとは反撃確定の頭突きで対処されるのがおちなのだ!!

というわけで、リュウはダルシムに圧倒的に不利なのはこう言った根拠からである。

これにより、リュウVSダルシムの戦いはリュウに4分、ダルシムに6分の勝率があるというわけだな。

技を駆使し接近戦の苦手なダルシムの間合いに持って行け

もう、やはりリュウでダルシムに挑むのは無理なのか・・・

諦めるのはまだ早い!!

ここでリュウとダルシムのダイヤグラム比を思い出してみてくれ。

4:6・・・そう、リュウに4分の勝率が残されている。

先程、あれほどリュウではダルシムに近づけない、そうお伝えしたのだが、プレイしているのは人間であり、コンピューターではない。

よって、ここに隙が生まれるのだ!!

戦いの勘を研ぎ澄まし、タイミングを見計らって必殺技を叩きこむのだ!!

その伸びる手に昇竜拳!!

その伸びる足に昇竜拳だぁ~!!

この、一度のチャンスを物にすることで、ダルシムをダウンさせ、一気にリュウの土俵である接近戦に持っていくことができる!!

ただし、スカればズームパンチ・キックの餌食となる言は言うまでもない。

ダウンしたら、一気にたたみかける攻撃で相手を翻弄せよ!!

ダルシムの起き上がり時に飛び込みから中キックなどの当て技を発動後、投げに行くと見せかけての、ちょっと待っての中足ファイヤー炸裂~!!

ダルシム起き上がり時の鎖骨割り、暴れ時の真空波動拳炸裂~!!

これよ!!これ!!

これがあるから、リュウでもダルシムに4分のダイヤグラムを付ける事ができるわけだな。

しかし、チャンスはそうそう巡ってこないのは紛れもない事実。

これだけやって初めて4分のダイヤグラムにもっていけることができる。

というわけだ。

せっかく接近しても、これらの技を的確に叩きこむことができなけでば、すぐに突き放され、ま~たスタートラインに逆戻りとなる。

それだけにリュウとダルシムにおける戦いは非常に熱い!!

ダルシムにいかに接近し、魂のこもった真空波動拳をぶち込むか。

それこそが、リュウVSダルシムの醍醐味であり、難しさでもある。

まとめ

以上がリュウとダルシムにおけるダイヤグラムの解析となる。

しんくぅ~はど~けぇ~ん!!

リュウ使いプレイヤーの諸君、君の波動でダルシムと言う名のヨガの境地を乗り越えてくれよな!!

最後にもう一度言わせれもらおう。

ダルシムの手に昇竜拳!!

ダルシムの足の昇竜拳を炸裂させるのだぁ~!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リュウ攻略
スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

 

 

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント