極めよ豪鬼乱舞!!これが最強と言う名の連続攻撃だ!!

スト2ファンのみなさんこんちは~。

豪鬼攻略も着々と進み今回でいよいよ大詰めとなる。

いつもなら最後はスーパーコンボにスポットを当てた攻略をしたいところだがこの豪鬼に至ってはそれがない。

いや、実際にはCPU戦においてある条件をクリアーすることで(※その条件とはこちら【対戦格闘の章】拳を極めし者、豪鬼に隠されし立ち回り向上指南

ラストバトルのベガ戦でいきなり登場し放ったあの一瞬にしてベガをほふりさったあの技がある。

瞬獄、言うなれば豪鬼乱舞だ!!

しかしこの技はスーパースト2Xをプレイする上では使えない。

よって今回は一瞬にして最大ダメージを与える豪鬼の連続技の数々にスポットを当てて特集していくのでよろしくなっ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これが拳を極めし者だけが使える連撃技だ!!

豪鬼と言えば一つ一つの技にスピード・テクニック・破壊力の3拍子を兼ね備えたキャラである。

そんな技を組み合わせる事でとんでもない威力を発揮するのだ。

もうこれは連続技の域を超え連撃技、「豪鬼乱舞」と言っても過言ではないだろう。

今回ご紹介する連続攻撃(※コンボ)をマスターし、ぜひとも実践の場では使用しないでほしいw

それでは早速入っていこう。

【アッパー灼熱波動】

 

アッパーでのヒット確認後、即座に灼熱波動拳をぶち当てろ!!

灼熱波動拳は通常であれば、「フ~ン!!」と溜め時間を必要とするため連続技として繋ぐことは厳しいように思えた。

しかし、これがなぜか見事なまでに繋がるのだ!!

通常攻撃でガードをこじ開け灼熱波動拳(大)で3ヒットがもろに入ることもありその破壊力は言うまでもなく絶大だ。

この応用としてしゃがみ中パンチやしゃがみ中足でも代用できることを覚えておこう。

【灼熱豪波動拳】

 

これは灼熱波動拳(大)から豪波動拳(大)へと繋ぐ連続攻撃だ。

これもまた灼熱波動拳の3ヒットと豪波動拳の1ヒットの計4ヒットを可能にする連続技。

あら?灼熱波動拳って3ヒットでダウンするんじゃなかったっけ?

そう思われるプレイヤーは着眼点が鋭い!!

実はこれ、ピヨリ限定コンボとなっており相手がピヨっていれば灼熱大波動の3ヒットをもろに食らってもダウンはしない。

そこに豪大波動をぶち当てコンボに繋げていると言うわけだ。

豪鬼の豪波動拳(大)のスピードはリュウ・ケンの波動拳のスピードを遥かに凌駕する。

このスピードがあるからこそ、この連続攻撃も成り立つのである。

【めくり竜巻を活かした2連竜巻斬空】

 

この連続技こそ豪鬼ならではと言ったところだろうか。

相手の起き上がり時にめくり竜巻斬空脚(大)をヒットさせ浮いたところを再度、竜巻斬空脚で追い撃ちをかける。

豪鬼の竜巻斬空脚は言わずとも知れた空中での連続攻撃を可能にする必殺技。

最大3ヒット繋がるまでは相手が落下中であればどこからでも拾える。

この利点を活かすとこのようにめくりからでも連続技に繋げる事が可能になると言うわけだ。

【竜巻斬空豪昇竜】

 

これもまた豪鬼のすばぬけたキャラ性能から成せる業。

竜巻斬空脚から相手の着地に合わせ豪昇竜拳をぶち込んでいる。

と、ここまでは当たり前なのだが・・・。

竜巻斬空脚で浮かした後に相手の落下ポイントよりもさらに先にいち早く到着し豪昇竜拳を放っている。

そう、竜巻斬空脚のスピードは相手の落下スピードさえも上回るのだ!!

そして驚くべきは豪鬼の脚力。

この脚力から繰り出された斬空脚は相手を遥か上空に吹き飛ばすためそれだけ相手が落下するまでの対空時間が稼げるのだ。

そこに豪鬼のスピードを持って先回りすれば・・・

竜巻斬空先回り豪昇竜拳の完成と言うわけだ!!

いや~すごいね。

乱れ舞う豪鬼だけが可能とする技の集大成、豪鬼乱舞とはこのことだ。

スーパーコンボはなくともこれだけの威力・テクニックが備えられていればそりゃあ敵などいないわなぁ。

豪鬼乱舞まとめ

まさに乱れ舞う必殺技の数々。

豪鬼だけが可能とする連続技の集大成がここにある。

通常ではありえない位置から技を繋ぐことで度肝を抜かれる事態に陥ること間違いなしだ。

あれよ、あれよと言う間に一瞬にして決着する。

あのCPU真・豪鬼のようにシャドルーの総帥ベガさえも一瞬にしてほふりさる破壊力。

まさに豪鬼乱舞と言えよう。

てなわけで今回を持って豪鬼攻略編は終了となる。

次回からは今まで攻略ばかりしてきたのでちょっと視点を変えてスト2に関する面白い話題を取り上げて行きたいと思うので期待してくれよなっ!!

スポンサーリンク
豪鬼攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~