【野生パワーVSサイコパワー】まとわりつく攻撃でサイコパワーの源を断ち切れ!!

ブランカ攻略

間合い管理が全て!!一瞬の油断がKO劇を招く緊迫したシーソーゲーム

ふ~ ついにここまできたぜ。

ブランカ戦における最後の砦、サイコパワーを操るシャドルーの総帥ベガ様との熱きバトルだ。

ジャングル育ちの野生パワーが人間の憎悪を増幅し形成されたベガのサイコパワーにどこまで通用するのか?

この戦いでブランカ戦における全てのダイヤグラム検証・攻略が解明されることだろう。

まずはこの両者のダイヤグラムからどぞ

↓ ↓ ↓

ブランカ:ベガ➡5:5

おおっ!!

なんと両者のダイヤグラム五分五分ではないか!?

つ~か、ブランカってダイヤグラムで勝ち越せたのはザンギエフとホークのみしかなく、ほんと弱キャラだった。

そんなブランカが最後の最後、四天王の砦となるベガに五分と五分とはなんとも複雑な印象を受ける。

ベガってそんなに弱かったっけな?

この5分と5分のダイヤグラムに隠された秘密にさっそく入っていこうではないか。

サイコパワーと対等に渡り合うブランカの野生の立ち回り攻略、特とご覧あれ~。

横展開の攻撃に凄まじい威力を秘めたベガのサイコパワー

ブランカ戦においてベガが最も気を付けなければならない事、それは接近戦での戦いだ。

以前、ベガのキャラ性能を紹介させて頂いたが、ベガと言うキャラは空中からの攻撃に対する受けが非常に弱く、ナイトメアぐらいしかカウンター攻撃がないため、スーパーコンボを発動できない状態にあるときは一方的に受けに回らざるを得ない。

ブランカはこの密着した接近戦を主体とするため、ベガにまとわりつくような攻撃を仕掛けてくる事になる。

そこをいかに距離を置き、中間~遠距離でのベガ有利な間合いでの戦いに持って行くのか?

これこそがブランカ戦におけるベガの最大の攻略法となる。

基本は小のサイコクラッシャー(※ブランカに反撃のチャンスを与えないため)と立ち中・大キックで立ち回り、一定の距離を保つ。

そして、今度はその距離から「しゃがみ中キック➡ダブルニープレス」へと削りに行く。

これぞ蟹ベガの真骨頂!!

蟹がカサカサと横に歩くことから名付けられたこのカニベガ攻撃はブランカにとってカウンターがとれない。

この横展開の攻撃こそブランカ戦におけるベガ最大の立ち回り攻略となるのだ!!

ダウンを奪ったら一気にジャンプ中or大キックでめくりに入り、HIT確認後コンボに繋げるか、投げへの2択に持って行けるわけだな。

このように一度ダウンしたブランカへ襲いかかるベガのめくり攻撃は驚異的でしかない。

ベガはこうやって、じわじわと横押し展開を繰り広げ、ブランカを画面後方に押しのけていく。

たったこれだけの立ち回りだが、この間合い管理調整が非常に難しくハイレベルな技の選択を強いられる事となるのを忘れないでほしい。

あとヘッドプレスを混ぜる事はおすすめしない。

ブランカが同時に飛び上がりジャンプ小キックを出されたら一方負けする上に、着地後に密着状態を招いてしまいかねないからだ。

あくまでも中間距離~遠距離での戦いこそがベガに有利に働く間合いなのだ。

噛んで噛んで噛みまくれ!!噛んでベガのサイコパワーの源を断ち切れ!!

横押し展開での攻めを得意とするベガに対し、ブランカはどう攻略していくのか?

対ベガ戦における最大の攻略法。

それは、ブランカの上からの攻撃にある。

これをされるとベガは手も足もでない。

ジャンプ中パンチで後方に逃げながらカウンターを繰り出せればいいのだが、その余裕がない状態でのブランカの起き攻めにはガードするしかない。

その結果どうなるか?

ガブリと噛んで・噛んで・噛みまくれ~!!

一度噛み付いてしまえば、噛み終わった後にまた飛び込んで当て小パン・小キックから噛みにいける。

ベガはこのブランカのループ攻撃を回避するのは至難の技となる。

ブランカ最大の必勝攻略法はこの飛び込み当て技からの噛み付きにありっ!!

どのタイミングで飛びを通していくのか?

あるいはどのタイミングでアマゾンリバーランでダウンを奪ったり、意表をついた小のローリングアタックで歩み寄り、着地間際に噛みつくのか?

これが非常に大きなキーポイントとなっている。

そして、極めつけのブランカ最大の攻略法はこれだっ!!

↓ ↓ ↓

なんと、驚くなかれ!?

サイコクラッシャーが来た際に、通常は「ガッ!!ガッ!!ガッ!!」と3回分削られるわけだが、この2回目のHIT時にバーチカルローリングアタックを発動させる事でカウンターできるのだ!!

当初、さすがにこの驚愕の事実に自分も目を疑ったが、確かにサイコクラッシャーのガード時に発動させることで、いとも簡単にカウンターできた。

これが出来れば「サイコクラッシャー➡バーチカルローリングアタック」で一気にブランカペースに持って行けるようになる。

この両者のダイヤグラム比、5:5に至った結論としてはベガの横展開における破壊力絶大の蟹ベガ攻撃に対し、その攻撃を回避し一気に噛み付くブランカの立ち回りにあったのだ。

まさに一瞬の油断が、隙が勝敗を大きく左右し勝負を決定づける事となったのである。

まとめ

「噛み付きVSサイコパワー」の壮絶な戦いいかがだっただろうか?

「的確な攻め、的確なカウンター、的確な回避技」、この3拍子揃った立ち回りが出来てこそ、本当の意味でそのキャラ特性を活かす事が出来ると言えよう。

戦いの中に答えはある!!

日々の修練を怠らず、前進あるのみだっ!!

これで、ブランカ戦におけるダイヤグラム検証・攻略は終了となる。

長丁場の閲覧お疲れさまでした~。

ウオッ!!ウオッ!!ウオッ~~~!!

ブランカ攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク
【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント