スト2界の女王蜂と名高いキャミィボイスを検証せよ!!

キャラボイス編

スト2ファンのみなさんこんにちは~キャミィをこよなく愛するアラフォーおっさんゴミバコです。

最近はセミの声もぱったり聞かなくなってしまったですね~。

スト2プレイヤーのみんなも夏から秋にかけて衣替えのシーズンに突入しているのではないだろうか?

季節も秋に近づきつつある今日この頃ではあるが、このキャラだけは一年を通して夏真っ盛り!!

ビーチスタイルと言えばこのキャラ!!

スト2界の女王蜂との異名をとるキャミィホワイトだぁ~。

キャミィ~愛してるぞぉ~ チュッチュッ

おっとこれ以上、アラフォーおっさんの醜い集大成を披露すると右上の✖でページを閉ざされかねないのでそろそろ本題に入っていこうか。

まずはこのキャミィと言うキャラ、前回のT・ホーク同様、スーパースト2から新たなる挑戦者として参入した新キャラである。

蝶のように舞い蜂のように刺す!!」をキャライメージにその小柄な体格を活かし鋭い攻撃かつ巧妙な技を駆使して立ち回るキャラとして知られている。

技もさることならそのキャラボイスも絶品!!

まずはスト2シリーズ毎のキャミィボイスに注目してみよう~。

ん~ビゥティフル~!!

この一覧表を見ているだけであのキャミィの勇ましく美しいキャミィボイスが聞こえてきそうだ。

キャノンスパイクッ!!」、「スパイラルアロ~!!」いかにも体が宙へジャンプしそうな勢いのあるキャミィボイス。

この美声がキャミィの攻撃スピードにさらなる加速をもたらすのだぁ~。

七色の音色をかもしだすキャミィボイス独特のイントネーション

それではキャミィボイス攻略に入って行こう。

まずはこのキャミィと言うキャラ、ボイスと呼べるものは必殺技キャノンスパイクとスパイラルアローの2種類しかない。

他に投げ技やフーリガンコンビネーションアタック、アクセルスピンナックルもあるがこれらの技に関しては「ハッ!!」と「ヤッ!!」の掛け声しかない。

よって今回はこのキャノンスパイクとスパイラルアローの2点におけるキャラボイス攻略となる。

それでは行ってみよぉ~。

キャミィボイス検証その1:キャノンスパイク

 

この天に向かって真っすぐに足のかかとで蹴り上げるカウンター必殺技と言うべきキャノンスパイク。

本来、日本の武道において最も使われているであろう掛け声と言えば「ヤァ!!」、「タァ!!」、「ウリャア!!」が主流であるが、このキャミィに関しては英国陸軍に属していただけにイギリス人となる。

にも関わらず日本武道と同様に、このキャノンスパイクにおけるキャアノンの「ア」とスパアイク、「ア」の部分におけるイントネーションが非常に高くプレイヤーの耳に心地よい響きを与えるのだ。

キャミィボイス検証その2:スパイラルアロー

 

これもさきほどのキャノンスパイク同様にスパアイラルの「ア」とアローの「ア」の部分に非常に強いイントネーションを置き必殺技の破壊力を最大限に表現するためのキャラボイスとなっているのだ。

ちなみにスパイラルとは日本語で「螺旋」を意味し、アローは弓矢に使用する「矢」を意味する。

キャミィの体を螺旋状にひねりながら矢のようなスピードで突進する姿はまさにスペイラルエアロ~!!

この技無くしてキャミィボイスは語れないと行ったところだ。

以上、キャミィボイスはこのキャノンスパイクとスパイラルアローの2種類となるわけだがここで一つ不思議な現象が!?

そう、このキャミィボイスに限っては聞けば聞くほどその音色に変化が表れ聞こえてくるような気がしてならない。

キャノンスパイクに関してはまだ綺麗な発音なため変化は見られないが、スパイラルアローに関しては「スパイアラル」と聞こえたかと思えば「スペイラル」と聞こえ、またどう聞いても「アロー」ではなく「エアロ~」にしか聞こえなくもない。

スピーディな技もさることながらボイスにまで高速ボイスを可能にしたこのキャミィボイス。

まさに七色の変化を遂げたキャラボイスと言えるのではないだろうか?

今回のキャミィボイスにおけるまとめ

スト2界の女王蜂、キャミィホワイトの美しい七色ボイスいかがだっただろうか?

ボイス自体はキャノンスパイクとスパイラルアローの2種類の必殺技からしか発声しないが、これほどキャラにマッチしたキャラボイスはそうそういないだろう。

キャミィボイスにおいては「ア」のイントネーションの高さに特徴があり、この「ア」のキーの高さこそ日本武道の掛け声に類似するものだと言っても過言ではない。

この美しい音色を奏でるキャミィボイス、いつまでも後世に残して行きたい限りだ。

キャミィボイスよ永遠なれ~!!

キャラボイス編
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク
【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント