右か?左か?命運を分けるヒョーバルの飛び2択を使い分けろ!!

ヨ~ガトコ~ヒ~!!日曜の朝、いかがお過ごしかな?

私は今、すがすがしい朝をフランスパンとコーヒー、まさにバルログを彷彿させる朝食メニューで終えた直後だ。

ん~うまいっ!!なんだか力がみなぎってきそうだヒョ~。おっと、バルログ語が出てきたところでそろそろ本題に入って行こう。

今回のバルログ攻略は前回のヒョーバル攻略のさらに奥深く、ヒョーバルを使う上で裏の裏とも言えるスペシャルな攻略となっているので期待してほしい。

で、どんな攻略なんだ?

それはバルログを使う上で欠かせない空中でのバルセロナアタックを変幻自在に使い分ける攻略だぁ~。

はぁ?あんなもんサマーソルトキック発動コマンドで飛んでパンチボタンで攻撃するか投げ飛ばすかの2択じゃね?

そう、思ったそこのあなたっ!!

甘いっ!!実に甘いぞっ!!

バルログの空中技はそんな単純なものではない。空中をどう舞うかの絶妙な使い分けが勝負の命運を決する結果となるのだ。

それではそろそろいくぜっ!ヨ~ロリレーヒョ~!!

バルセロナアタックにおける飛び方向はプレイヤー自身の手で選択可能

フハハハハ~。どうだぁ~驚いたかぁ?

えっ!?えっ!?

あれって飛ぶ方向って調整できるの?

そう思ったそこのあなたっ!!これが出来るんだな。

実はバルセロナアタックはレバー↓溜め(※↙または↘入力でもOK)から↑方向に入力することで上空に舞い上がり始めるがここに秘密が隠されているのだ。

なんと↑入力時に↖または↗での使い分けが可能となっており、例えば1P側時に↓溜めから↖+キックで↖後方に舞い上がり↗+キックで↗前方に飛び始める。

この2択を使い分ける事でとてつもない強さを秘めたヒョーバルが完成する。

では実践画像で詳しく説明していこうか。

前方・後方へのバルセロナアタック実践編

1P側にいる場合、まずは後方へのバルセロナアタック(※↓溜め+↖と同時にキック)からだ。

 

後方バルセロナアタックの使い道は飛び道具持ちのキャラやザンギエフなどの近づきたくないキャラを相手にする場合に効果的だ。

飛び道具を回避しつつ、飛び道具発動後の硬直を狙い撃ち込めっ!!

また、壁を蹴った後にあえて相手の攻撃の届かない手前に落ち、ジャックナイフなどをスカらせる効果もある。しかし、相手が何もしていない状態のときは前方向から飛んでくることは一目瞭然なので簡単にカウンターされてしまうことをお忘れなく。

お次は前方へのバルセロナアタックの解説といこう。

下の実践画像は2P側を例にしているがバルログが右側にいた状態で「↓溜め+↖キック」で前方に舞い上がり左側の壁を蹴り、またまたジャンプ地点に戻ることで左右のガードを攪乱させているのだ。

 

前方へのバルセロナアタックはこれがデカイ!!

後方バルセロナの場合は相手側も前から飛んでくるので目で追い対処しやすいが後方バルセロナの場合は真後ろに飛ばれた時点で相手はガード方向がわからなくなる。

そこに左右いずれかでゆさぶりをかければ正面、めくりの2択バルセロナが完成するというわけだな。

これこそがヒョーバルの真骨頂!!

仕掛けるバルログ側も一度ガードされたら振り出しに戻り、仕掛けられる側も左右どちらをガードするか?それともカウンターをとるかの命運を分ける2択となるのだぁ~。

バルセロナアタックの飛び方向まとめ

まさか上空に飛び上がる瞬間に↖または↗で飛び方向を決定できるとは驚きだ。

今まで何気に空中に舞い、無意識のままに壁を蹴り相手に突進していたバルログ使いプレイヤー達も今後は左右のバルセロナを自分の意志で決定してほしい。

後方バルセロナなら飛び道具対策として、前方バルセロナであればめくり、さらにはそのめくりガードをさらに上回る超めくり攻撃で相手を攪乱せよっ!!

ヒョーバル、ヒョーバルと言われ嫌われ続けたバルログの空中戦法にもここまで奥深いテクニックが隠されていたのだ。

では今回はここまでっ!さよならヒョ~。

バルログ攻略
関連記事(一部広告含む)
スポンサーリンク
【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~