画面端における固め技の応酬でサイコパワーを封印だ!!

スト2ファンのみなさんこんにちは。

あなたのスト2パートナー、ゴミバコです。

ところで四国・中部地方に住んでる方々は台風の状況はどうかね?

自然を甘く見るととんでもない事態になりかねないので、身の危険を感じたら即座にヨガテレポートしてほしい。

ほんっと気を付けてくれ~。

ついに今回でDJ戦におけるダイヤグラム検証・攻略も最終局面を迎える事となった。

DJ最後の戦いとなる今回の対戦相手はもちろんベガだ。

※豪鬼は一度、コンティニューしてしまったので今回は出現しないぞぉ~w

 

この両者のダイヤグラムは以下の通り。

DJ vs ベガ → 6 : 4

なんと!?

DJがベガを超える結果に!?

それでは行ってみようDJの前に立ち塞がる最後の壁、シャドルーの総帥ベガとの戦いの場へと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

威力・スピード・テクニック、3拍子揃ったベガ疾風怒濤の攻撃

ベガといえば押し寄せる波のように敵を追い詰める怒涛の連続攻撃が特徴的だ。

この DJ 戦においてもそのパワーは健在でDJ の一瞬の隙を突き破壊力抜群の技から連続攻撃を繰り出してくるべガは飛び道具はないにせよ DJ のエアスラッシャーをもろともしない必殺技ダブルニープレスで対抗できる。

DJ がエアスラッシャーを打とうとした瞬間に突進することで飛び道具に引きをとらない豪快な攻めが可能となるぞぉ~。

まずはリーチが長く攻撃力も高い立ち大キックで牽制しダブルニープレスによる横展開の攻めで立ち回れ!!

 

地上戦はこの立ち大キックとダブルニープレスが軸となる立ち回りとなるが空中戦においてはやはりスーパーコンボダブルニープレスナイトメアまでつなぐことができるジャンプ中パンチの威力が絶大だ。

しかしこのジャンプ中パンチは先に仕掛けるには良いがDJの攻撃に対して後からカウンターで突き上げるように発動させると相手の攻撃に上から被されてしまうためそこまで万能な技ではない。

 

よって先読みが重要となってくるので相手の飛びを予測して先に仕掛けるか相手が飛んで来た瞬間を逃さず合わせて飛び攻撃を仕掛けるしかない。

スーパーコンボ、ダブルニープレスナイトメアはDJのエアスラッシャーを貫通させヒットさせることや画面端からの脱出に使えることを覚えておこう。

ベガは基本、近距離戦での戦いは非常に不利となるためできれば距離を置いて遠距離からの攻撃を仕掛けたいところだ。

攻める分には滅法強く、守りに回ると滅法弱いベガはやはり遠距離からのヘッドブレスで一気に踏みつけスカルダイバーへの連携技に繋ぐのが得策だろう。

 

 

これはうまくいけば2ヒットでDJをピヨらせる破壊力がありヘッドプレスで踏んづけてスカルダイバー後に通常技を一発当てるだけで完全にピヨる。

よって遠距離においてはエアスラッシャーのタイミングを見ながらヘッドプレスで踏みつけ、遠・中距離戦においてはダブルニープレスを仕掛け最悪、DJに追い込まれた場合はナイトメアで緊急離脱する立ち回りこそ最も有効な立ち回りとなるのだ。

そして最後にもう一つどうしても覚えておいてもらいたい技がある。

それが DJがダウンした際にサイコクラッシャーで一気に裏に回り相手のガード方向を撹乱させる通称、裏回りサイコと呼ばれるテクニックを駆使していこう。

 

画面端などでダブルニープレスが2ヒットした後などにDJがダウンした場合はこの裏周りサイコで DJ の背後に回り、ガード方向を見誤ったDJに対し一気にコンボを仕掛けられるぞぉ~。

ベガは何と言っても攻め八割、守り2割のキャラなので守って守って守り抜くよりは攻めて攻めて攻めまくり勝利を掴みに行ってくれよなっ!!

ヘッドプレス対策それはDJのジャンプ小パンチと立ちアッパーにあり

ベガとの戦いにおける DJ は地上戦においてはエアスラッシャーをタイミングよく放つことでベガのダブルニープレスの発動を抑えることができるが問題はいきなり飛びかかってくるヘッドプレスである。

ヘッドプレスの厄介なところは DJ がしゃがみガードをしている際に踏まれてしまったりエアスラッシャーを打った瞬間に踏まれるなどまさに名前の如く「ヘッドプレス」と言うだけあって頭部への踏みつけ攻撃は絶大である。

このヘッドブレスを封印しなければ DJ 側に勝ち目はない。

よってこのヘッドプレス対策を完全なるものとしベガの攻撃を押さえ込むのだ。

まずはエアスラッシャーからベガが飛んできた際に王道のジャックナイフで対空せよ!!

 

ベガの前方飛び込みはかなりスローなためベガ側も普通の前飛びはしかけてこず、ほとんどがヘッドプレスでの飛び込みで攻めて来るケースが多い。

よってヘッドプレスを見てからジャックナイフを発動させるには時間的な面からもかなり無理があることやジャックナイフ発動に必要な「溜め時間」が間に合わないことがしばしば。

そんな時は迫り来るベガに対し立ちアッパーで一番リスクなくカウンターが取れるのだ。

さらには最もリスクなくカウンターで迎え撃つにはベガの飛びに合わせDJ も同時に飛び上がることだ。

そしてジャンプ小パンチと小キックでカウンターを狙え!!

 

このジャンプ小キックは空中戦で絶大な威力を発揮しベガのヘッドプレスに一方勝ちできる。

また画面端においてもこれらのシャンプ小パンチ・小キックが固め技として非常に有効となる。

画面端に追いやられたベガに対し、この2つの小攻撃を繰り出すことでリバーサル必殺技のないベガは何もできず防戦一方となるため、スライディングでのダウンそして投げの二択技で攻め込んで行こう。

 

ベガにとってはこれが本当にきつく抜けようにも抜けられない状態になる。

DJ 側の立ち回りとしてはやはり画面端へとベガを追い込み、固め技から投げとダウンの二択技で責め立てる立ち回りが非常に有効となるのだ。

今回の DJ VS ベガ戦まとめ

ダブルニープレスそしてヘッドプレストと地上・対空どちらも猛突進で突っ込んでくるベガに対しDJ 側は防戦一方となりそうだがうまく距離をとりエアスラッシャーでタイミングを図りながら地上戦を制し、空中戦をジャンプ小攻撃でカウンターを取ることにより破壊力の高いベガの攻撃を抑え込むことができるのだ。

ベガは打撃力、そしてコンボ力があるといえど接近させなければ DJ に勝負あったと言えよう。

ダイヤグラム DJ vs ベガ「 6対4」の背景にはやはりリバーサルできないベガの弱さが浮き彫りとなった組み合わせとなったと言わざるを得ない。

固めて固めてテンプル~!!

いかにしてベガの動きを押さえ込み、リバーサル性能の乏しいベガの弱点を突ききれるか?

そこにDJ使いとしての真価が問われること間違いなしだぞぉ~。

スポンサーリンク
DJ攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメントをどうぞ~