デビルリバース第一形態、踏みつけフェイントを使いこなせ!!

スト2ファンのみんな~こんにちは~サイコクラッシャ~!!

どもども~拳を極めたい者、その名もゴミバコです。

今回のベガ攻略はすげーぜ!!

何が凄いかと言えばヘッドプレスであってヘッドプレスではない。

その名も「踏みつけるとみせかけて実際には何もしない」アクションだ~。

なげぇ~わ!!

実はこの技、確かに技発動にあたってコマンド入力を必要とするが入力したからと言って攻撃するわけでもない。

何か言っていることがめちゃくちゃだが・・・。

簡単に言えば相手に接近する際に通常のジャンプよりも高速で近寄るための技だと思って頂きたい。

さらにはこの動作がパッと見た感じ、もろにヘッドプレスと類似しているため相手は思わずガードしてしまうと言うわけだ。

このフェイント技とも言えるベガの隠れた究極のテクニック、今ここに明らかに!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

デビルリバース以上の効果を発揮する踏みつけフェイント

Xベガ必殺技の一つ、デビルリバースをご存じだろうか?

空中に舞い最高点に達した際に軌道を変え、コンドルの如き急降下・・・ではないな。

なんかユラ~リと非常に遅いスピードで腕を伸ばし押さえつけてくるあの技だ。

スーパースト2においてはこれがとんでもない軌道で「おいっ~!!どこ飛んでるんや!?」と思えるような動きで失笑ものだった。

しかしこのデビルリバースと言う技、Xになってからとんでもない技に化けたのだ。

と言うのもそもそもこのデビルリバースは2段階変化を伴う。

さきほど空中で最高点に達した際に軌道を変えるとお伝えしたが、この前段階、つまりジャンプして軌道を変えずそのまま通過させることが出来るのだ。

コマンド入力的にはまずは↓溜めを維持し、その後↑と同時にパンチ(※小・中・大で飛距離が変わる)空中最高点に達した時点で再度パンチボタンを押しデビルリバースを発動させる。

ここで空中最高点時にパンチボタンを押さない事でデビルリバースは出ずそのまま流れるように横スクロールし着地するのである。

さらにはこの軌道がヘッドプレスそのものの飛び曲線を描く

と言うことは?

そう、相手はヘッドプレスと感じとっさのガード体勢に入ってしまうのだ。

ここにベガ攻略最大の醍醐味とも言える踏みつけフェイントが完成するのだぁ~!!

踏みつけフェイトから投げとニープレスナイトメアの2択で攻めろ!!

それではいよいよここからが今回の超目玉シーンだ。

投げとニープレスナイトメア、それぞれについて解説していくぜ~。

まずはフェイトを活かした投げから見て行こう。

踏みつけフェイントスルー

デビルリバースコマンド(※↓溜め後↑パンチ)を入力後、そのまま放置。

相手の頭上にヘッドプレスを仕掛けるように飛んでいく。

驚いた相手はとっさに身構える。

ここに・・・

シャドルースルー!!

おわかりだろうか?

これぞまさにフェイントの賜物!!

あんなに急速度で接近して来るにも関わらず何もしないなんてある意味、驚異的な技としか言いようがない。

ジャンプして技を仕掛ける際、小・中・大パンチを使い分けることで飛距離が変わるので相手との間合いに応じて使い分けよう。

お次はフェイントからのニープレスナイトメア

これこそがスパ2Xベガ最強奥義だと自分は自負している。

これを考えた人はある意味、天才かもしれないな。

まずはいつものようにデビルリバースで接近を試みるわけだが・・・。

ここで注意点が一つ。

それは相手の目の前の着地できるよう位置調整を図る必要があるということだ。

相手を飛び越えてしまってはまるで意味が無い。

と言うのもこのテクニックはニープレスナイトメアをぶち当てる必要があるため後方溜めが必要となり相手の正面側の着地に限られるのだ。

そこで必要になるのが大パンチでのデビルリバース。

これが低空飛行かつ最短距離で飛行することもあり相手の正面の位置に到達するまで一瞬だ。

そんなベガを見て相手はこう思うことだろう。

おやっ!?

なんか飛んできたぞ???

うげっ!!正面に来やがった!!

ここはカウンターじゃ~!!

ふふふ・・・ぬるいわ~!!

うわぁぁぁ~・・・ってかわされとるやんけw

今回は不発に終わってしまったがこのようにヘッドプレスと見せかけ身構えたところを正面に着地し、相手が驚きガードを解いた瞬間にニープレスナイトメアを叩き込むのだ!!

いやぁ~かっこいいね。

まさに想像力の賜物、こんな発想だれが思いついたのか本当に度肝を抜かされるとはこの事だ。

まとめ

デビルリバース第一形態からの踏みつけフェイントを活かした投げとニープレスナイトメアの2択、いかがだっただろうか?

まさに驚異のフェイト攻撃と言えよう。

この技はヘッドプレスと混ぜて使う事でその効果は2倍にも3倍にもなる。

終盤戦、もうだめだ・・・

そんな状況下においてもこの踏みつけフェイントからのニープレスナイトメアを叩き込みそのままジャンプ中パンチで追撃も可能なのでかなりのダメージを奪え一気に逆転も可能となるはずだ。

柔よく剛を制す!!

まさにベガの剛腕なキャラ特性とは裏腹にこんなにも柔軟かつ緻密な戦略の下、攻撃を繰り出せるなんて・・・。

まさに何事にも柔軟に対応できるシャドルーの総帥にふさわしい。

ベガのサイコパワーこそサイコ(最高)にサイコ(再愛)だ~。

スポンサーリンク
ベガ攻略
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント

  1. アバター ツバメ より:

    スーパーのベガはヘッドプレスの追尾性能が悪いので必ずメクリになる上追尾性能も高いデビルリバースをメインの奇襲技としてよく使っていたのですがXではフェイントまでかけられるとは!なんだかんだ言って攻め方のバリエーションはXが一番豊富ですね。(ダッシュが一番強いことは言ってはいけない)

    • ゴミバコ ゴミバコ より:

      ツバメ君おひさ~。
      Xベガ最強奥義、その名も踏みつけフェイント。
      さぁ~この技でスト2家族バトルを制するのだぁ~。
      Xは最終形態だけあって作り込みの度合いが違う。
      まさにスト2の集大成だよなぁ~。