「溜め時間不要!?」バイソンの必殺技発動に隠されし究極のコマンド入力

ストリートファイター2をこよくなく愛するプレイヤー諸君こんにちは。今回よりついに四天王攻略編に突入となるぜ~。

前々からメールでも問い合わせがあったのだが「四天王だけ極端に攻略コンテンツが少ないのでは?」との指摘があった。

よ~く見てみると確かにダイヤグラム編でバイソン・バルログ・サガット・ベガの攻略もしていたがまだまだ内容不足と言った面も見られたのでここは気合を入れて進めて行こうと思う。

ではでは四天王一人目となるバイソン攻略に入っていくぜ~。とは言え基本的なことは今更、お伝えしたところでここの皆の方が重々、承知のことだろう。

よって出来る限り、「ぬおっ!?まじかっ!?」と言うような攻略ネタをお伝えできれば幸いだ。とは言ってもなかなか無いんだけどなw

まずはこいつだっ!!

溜め時間を最小限に抑えるための攻略テクニック!!

必殺技発動に伴う溜め時間と言えばあらかじめ決まっている。ではどうすればこの溜め時間を無くす事が出来るのか特とご覧あれっ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

常識を覆す奇妙な溜め方向へのマル秘テクニックを知れ!!

てなわけでまずはこのバイソンの必殺技発動に伴う溜め時間の解除方法についてお伝えしよう。そもそもガイルやバイソン・ブランカなど必殺技発動に伴い上下・左右方向への溜めを必要とするキャラにおいて振り返ってみると・・・。

サマーソルトキックであれば「レバー↓溜め+レバー↑と同時にキック」、またはその応用としてレバーを↓に溜めるのではなく↙に溜める方法が代表的だ。

ではこう言った場合にはどう溜めれば良いだろうか?

バイソンの「バッファローヘッドバット→ダッシュストレート」への移行。

 

さぁどうだ?

そんなの簡単~簡単~♪え~っとまずレバーを↓方向に溜めて↑と同時にパンチでバッファローヘッドバッドを出す。その後、レバーを←に溜め・・・って溜めができねーよ!!

ふふふ、そう。

普通の発想では↓溜めから↑入力のバッファローヘッドバッドと←溜めから→方向入力へのダッシュストレートへの移行は理論上、無理があるように思えるが・・・。

しかし実はこれが可能なのだ!!

それでは種明かしといこう。

前代未聞の斜め上方向への溜め時間の存在

理論上不可能に思えたバッファローヘッドバッドからダッシュストレートへの移行。しかしここでよ~く考えてみてくれ。

先程、通常のコマンド入力において問題となったダッシュストレート発動に伴う後方への溜め。こいつをどうにか解消できればこの異様とも言える連続攻撃さえも可能になる。

レバーを後方・・・後方・・・。後方と言えば1P側なら←だな。

バッファローヘッドバッド発動時、最後の↑方向を維持しつつ←方向を保つには?

・・・・・

あっ!?

あった~!!

これを思いついたプレイヤーはさすがだ。

そう、唯一、←溜めを維持しつつ↑方向の入力を可能とする方向、↖方向があったのだ!!

いつも↙方向はソニックブーム等で使用することが多いがここでまさかの↖方向が来るとは驚かれたのではないだろうか?

正解はこうなる。

 

まず↓溜めから↖方向+パンチでバッファローヘッドバッドが完成する。バッファローヘッドバッド中は空中に浮いているので↖でも溜めが継続される。しかし、着地後は↖は溜めが解除されるので駄目だ。

ここで着地する前にレバーを↖から←方向に切り替え後方への溜めを維持しながら着地する。その後は→方向と同時にパンチでダッシュストレートの完成と言うわけだ。

ちなみにこの逆を利用しグランドダッシュストレートで↘溜めを維持しながらバッファーローヘッドバッドも発動できる。(※←溜め、↘+パンチ後、↑+パンチ」)いやぁ~驚きだね。

あとはダッシュアッパーからスーパーコンボであるクレイジーバッファローなど「↙溜め後、↘+弱キック、←、→+パンチ」なんかも出来る。

 

これはダッシュグランドアッパーの硬直時間の短さとクレイジーバッファローのコマンド入力時間の長さを利用した超奇襲技となっている。

バイソンの突っ込んでくる際の「オア~!!」にびびってガードを少しでも解除したところにクレイジーバッファローを叩き込めっ!!よ~く覚えておいてくれよなっ!!

溜め時間不要!?バイソン必殺技まとめ

知ってしまえばいとも簡単な↖方向への溜め。されどいつも溜めと言えば↓方向あるいは↙方向への溜めとなるためまさか↖方向まで飛び出すとは思いもよらなかったのではないだろうか?

しかもバッファローヘッドバッド中の上方向を受け付けない時間を↖で横溜めを維持するなんて・・・。

ほんと、先代のスト2プレイヤー達が編み出した努力の結晶と言うべきだろう。

あらゆる方向への溜めの可能性を最大限に活かし、対戦相手を「あっ!?」と驚かせるコンビネーションプレイを見せつけるのだ~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バイソン攻略
スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

 

 

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント