間合い管理の重要性を思い知らされる両者の戦い

本田・ガイル戦における間合い管理の重要性

ヒャッハ~、エドモンドゴミバコです。

さあさあ、今回も前置きなしにさくさく進めていくぜぇ~。

今回のダイヤグラム検証はこちらっ!!

エドモンド本田 VS ガイル

この両者のダイヤグラムはこちらだぁ~。

本田 vs ガイル(3:7)

そう、マーシャルアーツを極めたガイルのダイヤグラム圧勝となっている。

大方の想像は着くと思うが、ガイルにはソニックブームという飛び道具があり、この軌道が横に長く本田のような巨体キャラでは垂直ジャンプでかわそうにもつらいつらい現実が待ち受けている。

本田使いプレイヤーにとってはこのどうしようもない現実を覆すには、一歩でも二歩でもどうにかしてガイルにすり寄り大銀杏投げハメへの活路を見出すしかない。

苦しい苦しい戦いがそこにはある。

しかし、忘れてはならない事が一つある。

それは、確かに本田は苦戦を強いられることとなるが、ダイヤグラム有利なガイルにとっても一瞬の隙が大きなダメージを招いてしまうことになると言う事だ。

どんなにダイヤグラム有利キャラと言われようが、それはそのキャラで十分なキャラ対策が行えての話であり、
立ち回りが疎か、かつ正確性を欠くコマンド入力では結果は見えているわけだ。

それでは行こうか!!

この両者の壮絶なバトルの先に見えるダイヤグラム検証へと。

これぞ本田最大の攻撃パターンだっ!!君に習得できるかっ!?

まずは本田視点からどうやってそのソニックブームという飛び道具を持ったガイルのソニックバリアを攻略して行くのかという事。

ここで最初にこれだけは覚えておいてほしいものがある。

それはなにかというと・・・

ガイルは飛び道具で本田を圧勝できるキャラではない!!

いかにソニックブームで本田を近づけないようにと「ソニック!!ソニック!!ソニックブ~ム!!」を連発しようとも絶対に勝てないということだ。

その理由は間合い管理にありっ!!

適切な間合いでの小ソニック、大ソニックを発動させなければ本田に接近を許す事となる。

ガイルの基本戦略としてはまずはソニックブームで本田の体力を削りつつ、時にはソニックを追っかけてしゃがみ中キック・裏拳・リフトアッパー、本田がジャンプで逃げた際は空中で大キック・大パンチで追撃する。

空中に逃がさないぜぇ~。

これにつきる!!

たったこれだけ?

そう、思われるプレイヤーもいるかもしれない。

しかし、この間合い管理こそがガイル最大の攻めであり守りとなる。

これができていないガイル使いプレイヤーがいかに多い事か。

この間合い管理を徹底し、ガイル有利な間合いを保つために一つ一つの技を選択し発動させていくこと。

対戦相手の本田が「うわっ、近寄れねぇ~ちくしょ~」そう思わせるガイルレベルに到達して初めて上級者と言えよう。

頑張ってこの鉄壁の守りをもつガイル要塞が築き上げるまで何度も何度も練習してくれっ!!

接近戦にもちこみ大銀杏投げハメに至るまでの軌跡

それでは、今度は本田視点でのガイル攻略に入って行こう。

ダイヤグラムからもわかりように本田:ガイル(3:7)、ダイヤグラムその差は「4」。

これだけ離れていれば本田でガイルに勝つことは至難の業である。

本田は飛び道具が無い以上、どうしてもガイルに接近するしかなく、接近するためには放たれるソニックブームをかいくぐりどうにか、なんとかしてガイルに触れるしかない。

そのために必要な2つの接近テクニックを今日は覚えてほしい。

それは百裂張り手と百貫落としを打つタイミングだ!!

まずは百裂張り手から

この百裂張り手、実はスト2というものは1ボタンを押して戻りも含め、押しと放しで2回の入力を受け付ける仕様になっている。

本田においては小パンチの張り手であれば4回押し(※押しと放しで計8回)で連射すれば簡単に出る。

中パンチに至ってはこれが5回押しとなり、これも人間の反応で十分出せるレベルとなる。

しかし、大パンチ張り手は駄目だっ!!

このレベルになると9回・10回の押しでようやく発動できるレベルなので人間の入力ではまず無理。

よってガイル戦においては中パンチを連射し前方に移動していくしかない。

そして、この百裂張り手の最大の効果はソニックブームの出際を潰すことができるということ。

これにより、本田はソニックブームの発動を抑えつつ一歩も二歩もガイルに近寄ることができるようになる。

百貫落とし

これはもう少しでガイルに手が届く際に発動させることでダウンを奪う事ができる。

このタイミングが絶妙っ!!

このタイミングを絶対に間違えてはいけないっ。

ソニックブームを発動させた瞬間にガードが解ける、その溶けた瞬間にHITさせることでダウンを奪えるというわけだな。

百貫落としの名前とは意外で、落下によるHITよりも飛んだ瞬間にHITさせる方を優先し、発動直後のHITを狙ってこの技を選択するわけだな。

やみくもに発動させるだけで勝てるほど甘くはない。

ガイル側としては本田が寄ってきたら、嫌でも接近戦を嫌い、遠ざけなければいくらダイヤグラム有利と言えど、負けてしまう。

だから、ソニックブームを発動するかしゃがみ中キックでの牽制が入る。

先程、ソニックブームに対しては百貫落としで攻める攻略法をお伝えしたが、今度はしゃがみ中足への対処法として必要になってくるのがスーパー頭突きの存在である。

このスーパー頭突き・・・

実はガイルのしゃがみ中足を刈れるのだっ!!

ということは?

そう、あれだけ接近することに苦しまれた本田でも、百貫落としとスーパー頭突きの2択でダウンを奪えるようになるのだっ!!

そしてとどめはこの技で一気に攻め込めっ。

このしゃがみ小パンからの大銀杏投げループでKOできるっ!!

厳密にはサマーソルトキックでリバーサルさせれる場合もあるので100%とはいかないが、それでも一度パターンにはめ込めば、ガイルと言えど返すのは至難の技なのだ。

まとめ

遠距離戦から勝機を見いだすガイルに対し、近距離戦から勝機を見いだそうとする本田。

この両者の間合い管理の中にプレイヤーを熱く奮い立たせる巧みな技法・テクニックの数々が存在するのだ。

キャラが強いだの弱いだの言っている内は自分のようにいつまでたっても2流プレイヤー止まりなのだ。

あっと、言わせるテクニックをマスターし、見る側を魅了し、そして自分にも酔いしれる、そんなプレイヤーに成長してほしいものである。

スト2に限界などない!!

スト2対戦において幾多の修羅場をくぐり抜けた者こそ真の強者に成長できるじゃ~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホンダ攻略
スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

 

 

【スト2究極攻略】我、拳を極めたい者なり

コメント